My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

July 14, 2018

ファッションで企業を救えるか? j-fashion journal(280)

1.プロダクトデザインとファッションデザインの違い

 プロダクトデザインは、未来志向のデザインが多い。勿論、その時代で感じる未来感は異なるが、常に新しさを訴求していることに違いはない。
 ファッションは常に変化を求められる。しかし、プロダクト的な新しさを追求したのでは、すぐに行き詰まってしまう。ファッションの変化はプロダクトよりはるかに早い。また、情報として消費されるのも早い。プロダクト的なアプローチでは追いつかないのだ。
 プロダクトは、常に基本形からスタートする。球、円筒、立方体や長方体、円錐などなど。また、直線的に向いたり、流線的な曲線に向いたりする。
 素材は、金属やプラスチック、セラミック、木材等々、比較的固いものを使うことが多い。
 アパレルデザインは、プロダクトデザインのようなアプローチも可能である。違いは、素材が柔らかいテキスタイル中心であることと、着用時は、人体を基本にしていることだ。

Continue reading "ファッションで企業を救えるか? j-fashion journal(280)" »

高級テキスタイルのプロモーションショー j-fashion journal(279)

1.高級テキスタイルが売れない

 ファストファッションの勢いは止まらず、世界のアパレル製品の価格水準は下がり続けている。同時に、高価な天然素材の比率が下がり、合繊主体の機能素材が伸びている。もしかすると、未来の人々はスポーツウェアのような素材に身を包んでいるのかもしれない。
 しかし、ファッションは変化する。あるいは、差別化を求める人々が存在する。軽くて機能的なテキスタイルを求める人がいる反面で、重くてもスタイリッシュなテキスタイルを好む人もいるのだ。
 高付加価値なテキスタイルが生産できる筆頭は、日本とイタリアだろう。日本やイタリアの高級テキスタイルの生産を維持するにはどうしたら良いのだろうか。
 

Continue reading "高級テキスタイルのプロモーションショー j-fashion journal(279)" »

January 22, 2018

オーダーメイドを基本としたWEBベースのコレクション j-fashion journal(278)

1.ビジネスモデルとコレクション

 オートクチュールのコレクションは、イブニングドレス主体で、モデルが作品の番号札を持って、静かに歩いていた。顧客が観客となり、ドレスを注文するというスタイルだ。
 一人一人の顧客がドレスを注文するので、コレクション全体のまとまりより、幅広いバリエーションを提示することが求められた。
 本当に既製服時代らしいコレクションは、高田賢三のデビューコレクションから始まった。高田賢三は、背が高く、ウォーキングの訓練を受けたマヌカンではなく、背が低くウォーキングもできない雑誌のモデルを使った。ウォーキングができないので、複数のモデルを同時にステージにあげて、音楽に合わせて踊るように歩かせた。
 経済的理由もあっただろうが、それが新鮮な印象を与えたことは確かだ。服のシルエットを見せるというより、等身大で若々しく、自由な雰囲気を伝えるコレクションだった。

Continue reading "オーダーメイドを基本としたWEBベースのコレクション j-fashion journal(278)" »

今更ながら百貨店を考える j-fashion journal(277)

1.爆買い終焉と伊勢丹大西社長の辞任

 都心型百貨店は、2014年秋から始まった中国人観光客による爆買い特需で売上を回復したものの、2016年春に爆買いは終了し、一気に売上が低迷した。
 2016年秋頃から、「あの伊勢丹も売上を相当落としているらしい」という噂が流れていた。そして、今年の3月になって、大西社長の辞任が報じられた。
 伊勢丹のリニューアルは2013年だった。もし、爆買いブームがなかったら、もっと早い時期に責任問題が生じていたかもしれない。

Continue reading "今更ながら百貨店を考える j-fashion journal(277)" »

ファッションビジネス百問百答 j-fashion journal(275)

1.ファッション業界は不況ですか?

 日本市場だけ見ると不況です。人口減少社会で成長が見込めません。
 海外に目を転じると、ファッションは成長産業です。経済成長と共に、ファッションを楽しめる中間層が増え、新しい市場が誕生しています。でも、多くの日本企業は海外進出に失敗しています。
 
2.日本のアパレル企業が海外で成功できない理由は?

 多くの日本企業は、日本市場で、日本人の社員だけで運営されています。海外市場の特徴、海外の業界事情、ビジネス常識等を理解していません。
 アジア進出では、現地法人の社長に日本人を送ります。市場を理解せずに進出して、失敗しています。
 

Continue reading "ファッションビジネス百問百答 j-fashion journal(275)" »

言葉のピースで発想しよう j-fashion journal(274)

1.文章を書きながら考える

 私は頭を整理するために文章にすることが多い。
 例えば、「売れない店を売れるようにするには」を考える。
 最初に「情報の流れ」を考えてみる。家にいる人にどのように店の存在を知らせ、店まで足を運ばせるか。これは広告の機能だ。
 店の前まで来た人を店内に引き込むには、VMDが重要になる。
 店内に入っても、好きな商品が見つからなければ、店を一巡して出てしまうだろう。商品の問題は、商品そのものの問題と、品揃えの問題に分けられる。
 気に入った商品があっても、接客が不適切ならば売れないこともある。この段階では接客販売が重要な要素となる。
 それぞれの要素が揃ってこそ、購買行動に行き着く。

Continue reading "言葉のピースで発想しよう j-fashion journal(274)" »

January 15, 2018

新規事業は副業から始めよう j-fashion journal(273)

1.同質化したメンバーによる会議

 新規事業開発を進める企業は多い。しかし、構想段階、企画段階で頓挫するケースも少なくない。その原因の一つは、同質化したメンバーだけで会議をしていることだ。
 長い時間、同じ会社で働き、同じ価値観を持っている社員同士は、思考のパターンも似ている。予算や事業規模が先行し、「既存のビジネスの延長」「隣の青い芝生ビジネス」「誰でも考えるトレンドビジネス」しか出てこない。
 ビジネスの発想は、サプライサイド(供給側)に偏り、デマンドサイド(需要側)の発想が出てこない。どうすれば儲かるか、という発想からは、消費者が求めるサービスや商品には届かないのだ。
 議論を深めるには、社外の専門家、外国人、ビジネスターゲットに近い消費者等を交えて、議論することが有効である。外部に門戸を開くことから、新規事業開発は始まるのかもしれない。
 異質な人が集まってこそ、議論が深まるのである。
 

Continue reading "新規事業は副業から始めよう j-fashion journal(273)" »

アニメ化するリアル世界 j-fashion journal(272)

1.世界的ビジョンの共有

 原始仏教は紀元前450年頃、原始キリスト教は400年代、イスラム教は600年代に始まったとされる。大昔の偉人が語り、実践したことが教義となり、現代にも生きている。
 経典や教典は文字で書かれている。内容は、象徴的な詩や寓話や対話等が主たるものだ。人は、それらを読んで自分なりに解釈し、独自のイメージを作り上げる。
 それぞれの宗教ば独自の世界観、価値観を持っている。その世界観や価値観を共有することで、人は結びつく。そして、国家を建設されることもある。
 多くの人が共通のイメージを共有することは強大な力になる。しかし、イメージの共有は容易ではないし、時間も掛かる。
 1455年、グーテンベルグが発明した活版印刷は、聖書の大量印刷を可能にした。聖書は、現在に至るまで最大のベストセラーだ。活版印刷という技術は、イメージの共有を加速した。

Continue reading "アニメ化するリアル世界 j-fashion journal(272)" »

ビジネス基本の基本 j-fashion journal(271

1.ビジネスの起点は消費者

 ビジネスには、企業相手のビジネス(B2B)と消費者相手のビジネス(B2C)がある。
 B2Bの部品メーカーの場合、相手の注文通りの部品を作れば良いが、それだけでは価格競争に巻き込まれる。合い見積もりを取られて、安い工場に注文が流れる。それを防ぐためには、言われたことをその通りにやるだけでは不十分だ。コスト以上の違いを出さなければならない。と言っても、部品だけの差別化は難しい。その場合は、部品からユニットへと対象を拡大していくことだ。
 私は、部品メーカーでも加工メーカーでも、本業の部品以外に製品を作るべきと考えている。鋳物の工場が独自のフライパンや無水鍋を開発し、大ヒットした事例もある。最終製品を作り、B2Cのビジネスをすれば、様々な可能性が広がる。また、B2Cを志向することで、消費者変化に敏感に反応するようになる。
 部品の場合も、納品先、あるいはそのはるか先に、必ず消費者が存在する。自動車メーカーに部品を供給しているメーカーも、自動車は消費者が購入する。

Continue reading "ビジネス基本の基本 j-fashion journal(271" »

January 14, 2018

低欲望社会のマーケティング j-fashion journal(270)

1.日本は低欲望社会化している?

 「低欲望社会」は、大前研一氏の造語である。日本全体が消費意欲のない国になってしまったことを指す。
 日本の人口が減少し、高齢者が増えている。高齢者はリッチで若者はプア。年金や介護保険等の負担は年々重くなり、一方で労働者人口は減少し続ける。人手不足でも、給料は上がらず、輸入品が増えるだけだ。
 最近はロボット技術とAI(人工知能)が進化し、無人工場に近づいている。製造業はいかに雇用を増やさずに、工場を稼働させるかを考えている。
 消費が伸びないので、店舗の採算が合わなくなっている。店舗を増やすことは、売上と利益を増やすことだったが、最近は負債そのものだ。百貨店、専門店が減少し、その分、ネット販売が増えている。既に、物流が回らなくなっており、ドライバーの人手不足が続いているが、これも自動運転システムやコンビニ流通の活用によって解決できるかもしれない。

Continue reading "低欲望社会のマーケティング j-fashion journal(270)" »

より以前の記事一覧