My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 働き方改革と企業の世代交代 j-fashion journal(392) | Main | 中国の資本を活用した経営再建 j-fashion journal(394) »

November 21, 2019

国産サラブレッドレザーのブランド j-fashion journal(393)

1.国産サラブレットのレザー

 サラブレッド(英 : Thoroughbred)の語源は Thorough [ 完璧な、徹底的な ] + bred [ 品種 ] で人為的に完全管理された血統を意味する。ここから分かるように、サラブレッドは、競走用に品種改良された特殊な馬だ。人間が考え出したレースのために、生まれ、そして死んでいく。
 サラブレッドの最期はどのようなものかご存じだろうか。レースのための馬はレースで走れなくなると、その役割を終える。名馬ならば種付け馬として働けるが、それはごく一部に過ぎない。
 多くのサラブレッドは食用にされる。徹底的に人間のために貢献してくれるのがサラブレッドなのだ。肉は食用になるが、革はどうなるのか。これまでは、サラブレッドの革が注目されることはなかった。
 皮革業界では、牛革の方が高級であり、馬革は一段低いものとして扱われていた。馬の革は牛より薄く傷も多いからだ。
 しかし、その傷こそ、サラブレッドの勲章ではないか。競馬が好きな人なら、人間のために改良され、人間のためにレースで走り、人間のために食べられるサラブレッドを愛さずにはいられない。
 最期に残った革に対しても、愛情を持って接するだろう。そして生前の雄姿に想いを馳せるのだ。
 
2.thoroughbred leather

 サラブレットという言葉には、「正当な、最高の」という意味もある。「サラブレッドレザー」は、最高のレザーという意味も持つ。国産サラブレットレザーは、「由緒正しい国産最高のレザーという意味にも解釈できる。
 サラブレットは毛の色により区別される。これらを製品に活かすことも魅力を増す要素となる。
 「青毛(あおげ)」は、被毛、長毛共に黒色。軽種馬には比較的少ない。この毛色は季節により、毛の先が褐色となり黒鹿毛や青鹿毛のように見えることがある。眼の周辺、鼻の周辺をよく観察して判断しなければならない。
 「鹿毛(かげ)」は、被毛は明るい赤褐色から暗い赤褐色まであるが、長毛と四肢の下部は黒色である。 栗毛との違いは長毛と四肢の下部の色で栗毛は黒くならない。
 「栗毛(くりげ)」は、被毛は黄褐色で、長毛は被毛より濃いものから淡く白色に近いものまである。
 「芦毛(あしげ)」は、原毛色は栗色(栃栗色を含む)、鹿毛(黒鹿毛、青鹿毛を含む)、又は青毛等だが、被毛全体に白色毛が混生し、年齢が進むにつれて白色の度合いが強くなるが、その進度は個体によりまちまちで、その色合いも純白になるものから原毛色をわずかに残したままのものまである。生時は原毛色にわずかに白色毛を混生する程度(特に眼の周囲に多い)で、中には直ちに芦毛と判定し難い場合もある。

3.デジタルプリントと蹄鉄パーツ

 サラブレッドの毛並みの色や艶をなめしと染色にり再現できれば、これまでの牛革とは異なる表情を出すことができる。
 更に、デジタルプリントが可能であれば、毛並みの色を忠実に再現できるかもしれない。
 革製品に使われる金具も重要だ。蹄鉄には、魔除け、厄除け、幸運を招くという言い伝えもある。従って、蹄鉄をモチーフにしたラッキーアイテムも多いが、ここでは本物にこだわりたい。
 蹄鉄から再生した金属パーツ、蹄鉄の形を忠実に再現した金属パーツなどを革製品と組み合わせることにより、ブランドとしてのオリジナリティを表現することができるだろう。

4.新しい競馬ファンと乗馬ファン

 このブランドのマーケティング戦略を考える場合、顧客層を絞る必要がある。
 サラブレット関連商品ならば、「競馬ファン」と「乗馬ファン」が考えられる。ヨーロッパの競馬は貴族のスポーツだが、日本の競馬はギャンブル好きと重なっている。しかし、最近では女性も競馬を楽しむようになってきた。ギャンプルというより、気持ちの良い競馬場で美しいサラブレッドを応援する。応援するモチベーションを上げるために、数百円の馬券を購入する。そんなイメージだ。
 競馬業界としても、こうした新しいファン層の拡大を図っているので、この層にアピールするブランド開発ができれば、競馬界にとっても貢献することになるだろう。
 もちろん、乗馬ファンも取り込みたい。乗馬を趣味にする人は富裕層に多く、ブランドイメージを上げるのにも乗馬をしている富裕層にアピールしたいところだ。
 もし、女性の顧客が取り込めるならば、サラブレッドレザーブランドとして、ラグジュアリーな高級バッグの開発もできるだろう。

*有料メルマガj-fashion journal(393)を紹介しています。本論文は、2019.6.3に配信されたものです。リアルタイムでの講読をご希望の方は、http://www.mag2.com/m/0001355612.htmlよりお申し込みください。 

« 働き方改革と企業の世代交代 j-fashion journal(392) | Main | 中国の資本を活用した経営再建 j-fashion journal(394) »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 働き方改革と企業の世代交代 j-fashion journal(392) | Main | 中国の資本を活用した経営再建 j-fashion journal(394) »