My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 変革を阻む日本的思考 j-fashion journal(178) | Main | 装苑賞は世界に認知されるか? j-fashion journal(180) »

February 10, 2016

シニアファッションの活性化を j-fashion journal(179)

1. シニアのファッショントレーニング

 シニアになっても、ファッションを楽しみたいと思う人は少なくない。それどころか、シニアになったからこそ、ファッションを楽しみたいと思うのではないか。しかし、肝心のアパレル業界がそのニーズに対応していない。ファッションはヤングがリードするものという固定観念に凝り固まっているからだ。この状況を変えようではないか。シニアがファッションを楽しめるように、シニアの我々が立ち上がろうではないか。
 まず、第一に行うべきことは、シニアのためのファッション講座である。
 但し、これが中々に難事業になるだろう。シニアは多様だ。ファッションの達人もいれば、ファッションの初心者もいる。若いスタイルが理想と考える人もいるし、年相応が良いという人がいる。
 標準的なスタイルを押しつけるのではなく、各自が好きなファッションを選び、それに専門家が手を入れて、スタイリングを作り、フロアショーを行い、写真撮影をするというのはどうだろう。

 これを繰り返すことにより、自分では気づかなかった自分に似合う色やデザインを発見できるのではないか。そして、他人から褒められることで、自信を深めていく。
 これは、ファッショントレーニングなのだ。トレーニングだから、最初はできなくて当たり前。でも、何度も練習することにより、新たな自分を発見していく。そんな講座ができないだろうか。
 同時に、シニアファッショントレーナー養成講座を開きたい。コーディネートのポイントを教え、簡単なシニアファッショントレーナー認定の資格制度を作る。

2.シニアブランドの認定とプロモーション
 
 次のステップは、アパレル業界への働きかけである。
 ここまでくると、この運動を推進する母体が必要になるかもしれない。これができれば、前述したシニアファッショントレーナー認定制度もこの団体が統括していくことになるだろう。
 さて、話を戻そう。シニア層をファッションの上級者と捉え、シニアが満足できるテキスタイル、デザイン、パターン、縫製仕様の基準を策定する。
 そして、その基準を満たす商品を展開しているブランドをシニアファッション認定ブランドとして、積極的にプロモーションを行っていく。シニア認定ブランドは、シニアファッショントレーナーがモニター調査を行い、常にシニアのユーザーの声を反映させる仕組みを作る。

3.シニアファッションショーとシニアファッションモデル

 年に二回、シニアファッション協会主催のシニアファッションショーを開催する。
 このファッションショーで活躍するのは、シニアファッション協会認定のシニアファッションモデルだ。
 シニアファッションモデルは、シニアに相応しいスキンケア、ヘア&メイク、ウォーキング等の講座を受講することで、資格認定を行う。

4.ファッションで生きがいを!

 新団体は、シニアがファッションにより生きがいを得られ、充実した人生を実現することを目指す。そして、シニアが楽しめるファッションブランド、商品を認定し、啓蒙していく。シニアのファッション市場を活性化させ、ファッション業界全体を活性化していくことを使命とする。


*有料メルマガj-fashion journal(179)を紹介しています。本論文は、2015.4.20に配信されたものです。リアルタイムでの講読をご希望の方は、http://www.mag2.com/m/0001355612.htmlよりお申し込みください。

« 変革を阻む日本的思考 j-fashion journal(178) | Main | 装苑賞は世界に認知されるか? j-fashion journal(180) »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 変革を阻む日本的思考 j-fashion journal(178) | Main | 装苑賞は世界に認知されるか? j-fashion journal(180) »