My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« オムニチャンネル時代のマーケティングアプローチ j-fashion journal(170) | Main | パターン販売でアパレルメーカーズムーブメントを起こそう! j-fashion journal(171) »

September 29, 2015

繊維ファッション塾 「ユニクロ大研究」のお知らせ

 10月10日に開催した「ユニクロ大研究」が好評だったため、ウイークデーに再度開催致します。

ユニクロは日本のファッションビジネスを根底から変えました。
 私は、ユニクロが原宿店を出した1998年以前をBU、以降をAUと呼んでもいいのではないか、と思っています。ビフォーユニクロとアフターユニクロですね。
 私はユニクロが出現する以前に、百貨店の平場活性化とか自主MDに深く関わっていました。広い面積を埋める平場MDという意味でも、ユニクロには興味津々だったのです。
 そんな私がプロの視点でユニクロについて解説します。
 今回のセミナーは、ユニクロの実績と意義について考えるものであり、マイナスイメージについて語ったり、ユニクロを批判するものではありません。ということて、ユニクロを批判したい方はご遠慮いただきたいと思います。悪しからずご了承ください。
 ユニクロについて、あくまで前向きにポジティブに考え、今後のビジネスに活かすことが本セミナーの目的です。

■日時:2015年11月19日(木曜日) 16時ー18時

■会場:日本ファッション協会会議室
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-5-1 神保町須賀ビル7階
神保町の三省堂裏からすずらん通りを少し入った右側。ガストの向かい、一階がサンマルクカフェのビルの7階です。

■受講料:3,000円

*お申し込みは、masakaguchi@nifty.comまで氏名と所属をご連絡下さい。
 会費は当日ご持参ください。

<第一部>

「ユニクロ大研究」

■講師:坂口昌章(有限会社シナジープランニング代表取締役)

1.SPAの歴史を振り返ろう
2.箱売場、平場、ユニクロ
3.価格設定の謎
4.単品集積の強み
5.品番毎のCM、週末のチラシ
6.中国のネット販売も好調

<第二部>
質疑応答&ディスカッション

« オムニチャンネル時代のマーケティングアプローチ j-fashion journal(170) | Main | パターン販売でアパレルメーカーズムーブメントを起こそう! j-fashion journal(171) »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« オムニチャンネル時代のマーケティングアプローチ j-fashion journal(170) | Main | パターン販売でアパレルメーカーズムーブメントを起こそう! j-fashion journal(171) »