My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« ロジカルシンキングは嫌われる j-fashion journal(128) | Main | 戦略的情報共有はできないのか? j-fashion journal(129) »

November 21, 2014

繊維アパレル企業向け「採用力向上セミナー」

シナジープランニングとびりかんのコラボセミナー

繊維アパレル企業向け「採用力向上セミナー」

 こんにちは。シナジープランニングの坂口昌章です。今回は、お勧めです!!!
 
 最近、人材不足が目立っています。採用広告を出しても、優秀な経験者は集まらず、新卒者を採用しても1年か2年で退職してしまう。それほど強く叱責したわけでもないのに、何日も会社を休み、ひどい時には鬱状態になってしまう。大企業から中小企業にいたるまで、若手社員のモチベーションをいかに上げるかは、重要な経営課題になっています。
 どうやら、時代が変わり、人間も変わってきているようです。その変化に対応しないと、良い人材が集まらず、企業の競争力も低下してしまいます。
 今回のセミナーは、組織と採用に関するコンサルティングを行っているびりかんと、ファッションビジネス・コンサルティングを行っているシナジープランニングとのコラボセミナーです。異業種の方にも十分に参考になる内容ですが、特にファッション関係の企業を対象にお話を進めていきます。
 世の中には、社員が会社を好きになり、自分の仲間を社員に引っ張ってくるというケースもあります。そうした会社と、社員がすぐに辞めてしまう会社とは何が違うのでしょうか?どうすれば、優秀な人が集まり、その能力を最大限に発揮してくれるのでしょうか?
 
 規模の大小に関わらず、そんなお悩みを持っている企業の方、ぜひご参加ください。お待ちしています。
 
■日時:2014年12月2日(火曜日) 15時ー18時

■会場:日本ファッション協会会議室
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-5-1 神保町須賀ビル7階
神保町の三省堂裏からすずらん通りを少し入った右側。ガストの向かい、一階がサンマルクカフェのビルの7階です。

■受講料:一般5,000円、学生、日本ファッション協会会員3,000円

*お申し込みは、masakaguchi@nifty.comまで氏名と所属をご連絡下さい。
 学生、日本ファッション協会会員の方は、その旨、記載してください。
 会費は当日ご持参ください。

============================================================

<第一部>

「企業のソーシャル力を高めよう!」

■講師:坂口昌章(有限会社シナジープランニング代表取締役)

1.デフレ脱却マインド
・全ての商品はコモディティ化する?
・コモディティ商品は、低コストの地域で生産される
・経済合理性を追求する人生でいいのか?
・大量生産大量販売のデメリット(過剰在庫、物流経費、宣伝広告費、資源の無駄使い、ブームの発生と終焉、組織とマネジメントのストレス)
・アンチ大量生産とC2Cビジネス

2.会社と運命共同体、仕事が生きがい
・日本の強みは、会社と個人、仕事と個人の強い絆だった
・会社は、個人の夢を実現する装置になれるか?
・やり甲斐のある仕事とは何か?
・法人の人格と、地域社会の関係
・地域とWIN-WIN、社会とWIN-WIN、社員とWIN-WIN

3.市場創造からコミューン創造へ
・企業はコミューン(自治的共同体)、顧客もコミューン
・世界から仲間を地域に集める
・商品はコミュニケーションのツール
・コミューン間の絆消費

<第二部>

「採用媒体営業マンでは提案できない本当の採用力の高め方とは?」

■講師:信國大輔(株式会社びりかん代表取締役)

1.採用における各社の悩み・課題
・応募者が集まらず広告費ばかりかかってしまう。
・応募者の質が低く優秀な人間がこない。
・せっかく新規採用しても短期間で辞めてしまう。
・入社後しばらくするとモチベーションが低くなる。

2.採用が上手くいかない本当の原因
・なぜ応募者が集まらないのか?
・なぜ優秀な人はうちに応募してこないのか?
・なぜせっかく採用したのに短期間で辞めてしまうのか?
・なぜもっとヤル気を出して仕事してくれないのか?

3.採用力を高める本当の最重要ポイントとは?
・採用力を高めようとする時に必要な視点
・成功事例紹介
・採用力を高めるための具体的な方法

<第三部>

課題共有/個別相談

【株式会社びりかんプロフィール】
株式会社びりかんは、組織変革・経営支援コンサルティングサービスをはじめとして、マーケティング活動代行サービス、人材採用支援、サーバ運用保守、システム開発などなど非常に幅広い支援サービスでお客様のビジネス発展に貢献しています。

株式会社びりかんHP:http://www.belicoun.co.jp/

【株式会社びりかん代表 信國大輔プロフィール】
1977年生まれ。福岡県出身。佐賀大学理工学部情報科学課卒業。
2000年4月、株式会社エクシーズ(ソフトウェア開発会社)入社。
大手SI企業に対してWebシステム関連の受託開発営業をやる傍ら、エンドユーザー法人へのウェブサイト構築(Webデザイン企画?ホームページ制作)、SEO/SEM対策等の提案活動に従事。
2004年12月退社。株式会社ライブドア入社。
ネットアンドセキュリティ総研株式会社(現:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社)に出向。ネットリサーチ(サーベイ)事業・調査資料販売事業およびビジネスセミナー事業を担当。起業独立やブログ・アフィリエイトなどを取り扱った斬新な企画によりセミナー事業の収益を大きく伸ばす。
2005年6月退社。同社退社後、インターネットビジネスおよびWebマーケティング支援を事業主体とする有限会社ソニックビジネス設立。代表取締役に就任。初年度から最大で月商3000万円を実現する。
2006年1月、ネット起業家等の独特なインターネットマーケティングノウハウを企業向けに転用するというコンセプトで成果報酬型インターネットプロモーションコンサルティングを手がける株式会社ナノプロに初期メンバーとして参画。取締役就任。
その後、数々の上場企業を相手にWebプロモーション支援コンサルタントとして活躍。
2007年7月に会社設立後、業務内容変更のため2008年2月、株式会社びりかんに社名変更。現在、代表取締役。過去の経験を活かし、中小企業を支援するコンサルティングサービスを展開。倒産寸前の企業を1年以内で年商3億以上に成長させるなど数々の成功実績を持つ。主な著書に「ウェブ2.0バカ」(出版社アスキー)がある。

社員を極力管理しない方が業績が伸びることをクライアントはじめとして世の中に示すため、自社では、固定のオフィスを持たず、出社義務もない。つまり
個々人それぞれに働く場所と時間を決めるというスタイルを実践している。

さらに通常の会社ではほぼ100%禁止している副業や起業もOK、また、一切の上下関係を作らず階層構造がないため、命令や指示は社内に存在しない。よって、仕事内容も社員がそれぞれ自分で選ぶことが可能。「やりたいことをやる。やりたくないことはたとえ儲かってもやらない。」というのを会社のルールとしている。

それ以外にも、社長も含めて全員の報酬がフルオープンであったり、会社の会議に彼女や家庭の問題を持ち込むという公私混同をあえて積極的に推進するなど、今までのあらゆる常識を根底から覆すような次世代型の組織運営を実践している。

現在のビジョンは、このような会社組織運営法を数多くの企業に導入し、楽しく自由に働ける労働環境を世界に広め、それを通して最終的には誰もが幸せになれる世界を実現すること。

【有限会社シナジープランニング プロフィール】
シナジープランニングは、ファッションビジネスコンサルタント、坂口昌章が代表を務めるファッション、アパレル、繊維に特化した企画コンサルティング企業です。特に新規プロジェクト、事業再生、ブランドリニューアル等、ルーチンワーク以外の業務を支援いたします。

シナジープランニングHP:http://www.synergyplanning.jp/

【シナジープランニング代表 坂口昌章プロフィール】
1957年1月10日東京都墨田区生まれ
文化服装学院ファッションデザイン専攻科卒業後、株式会社ニコル、株式会社東京ロザリア、株式会社スクープで企画MD、ブランド開発等の経験を積んだ後、1988年に独立。1990年有限会社シナジープランニング設立、同社代表取締役就任、現在に至る。

独立後は、三越商品本部婦人服コーディネーター、東武百貨店本店のリニューアルプロジェクトへの参画、丸井の新ブランド開発等に関わる。その後、桐生、尾州、浜松、泉州、北陸、新潟等の繊維産地の企画指導、展示会のプロデュースを経て、繊維総合見本市「ジャパン・クリエーション」の設立に携わり、1998年から2006年まで総合コーディネーターを務める。

現在は、「アジア」と「ブランディング」をキーワードに、ファッションビジネスの幅広い分野でビジネスマッチング、コンサルティング、人材育成に関わっている。

著書には「ポストDC時代のファッション産業(日本経済新聞社)」「脱トレンド主義(商業界)」等がある。
電子書籍としては、「ジャパンのクールな元素・クールジャパンの基礎知識[Kindle版]」「アジア時代のファッションビジネスを考えよう [Kindle版]」「情報化時代のファッションビジネスを考えよう [Kindle版]」「コミュニケーションとファッションビジネス [Kindle版]」「ファッションビジネスのグローバル人材育成[Kindle版]」「百貨店イノベーション [Kindle版]」「電子書籍で何するの?! [Kindle版]」等。Kindleストアで販売中。

« ロジカルシンキングは嫌われる j-fashion journal(128) | Main | 戦略的情報共有はできないのか? j-fashion journal(129) »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ロジカルシンキングは嫌われる j-fashion journal(128) | Main | 戦略的情報共有はできないのか? j-fashion journal(129) »