My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 売れる店を創る(1)「うちの店はなぜ売れないのか? j-fashion journal(65)  | Main | 売れる店を創る(2)『モノを買う顧客の行動』 j-fashion journal(66) »

August 06, 2013

群雄割拠のアパレル戦国時代を生き残る経営マネジメント講座

シナジープランニングとびりかんのコラボセミナー

「群雄割拠のアパレル戦国時代を生き残る経営マネジメント講座」


 こんにちは。シナジープランニングの坂口昌章です。
 今回のセミナーは超おすすめです。
 私が中小企業の組織強化を支援している株式会社びりかんという会社のセミナーを受講し、内容が良かったので、コラボを持ちかけました。彼らの話は、現在のアパレル業界が抱える課題にぴったりだと思ったからです。今回のセミナーのために、私とびりかん代表の信國さんは何度も打ち合わせを重ね、ファッション業界を取り巻く環境や課題について情報を共有しました。
 日本のファッション業界と企業は、根本的なところで脱皮しきれていません。グローバル化もICT化も不十分です。それ以前に、個人とチームのあり方や、ビジネスの発想が旧い時代のままなのです。
 今回のセミナーは、グローバルな企業のあり方と、日本企業の「強みの再発見」がテーマです。この二つは両立すると考えています。そのためには、新しい発想で組織や仕事を考えることが必要です。
 企業に活気がない。問題意識が欠如している。ビジョンが明確に持てない。会議で意見がでない。そんな会社の経営者、管理職の方に聞いていただきたい内容です。また、これから起業をする方にも聞いていただきたいと思います。
 現状を打破したいと考えている方、強靱な体質の組織を作りたいとお考えの方。是非、ご参加ください。お待ちしています。

■主催:株式会社びりかん・有限会社シナジープランニング、後援:日本ファッション協会

■日時:2013年8月29日(木) 14時ー18時

■会場:日本ファッション協会会議室
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-5-1 神保町須賀ビル7階
神保町の三省堂裏からすずらん通りを少し入った右側。ガストの向かい、一階がサンマルクカフェのビルの7階です。

■受講料:一般5,000円、学生、日本ファッション協会会員3,000円

*お申し込みは、masakaguchi@nifty.comまで氏名と所属をご連絡下さい。
 学生、日本ファッション協会会員の方は、その旨、記載してください。
 会費は当日ご持参ください。

【セミナー詳細】

<第一部>

「世界アパレルに学ぶ、日本アパレルの課題と今後の生き残り戦略」

■講師:坂口昌章(シナジープランニング代表)

1.なぜ、日本アパレルは常に忙しいのか?
・欧米アパレルは年2回のコレクション(生地の展示会も年2回)
・欧米アパレルはリセットしてから、次のシーズン企画を行う
・日本アパレルは、年4~8回程度の展示会サイクル
・店頭の売上、現物生産、サンプル生産、生地仕入れ業務が重複
・同時に、複数業務をこなすか、リードタイムを短縮するか?
・日本の小売店は半年先の商品を半年分発注できない

2.なぜ、日本のアパレルは売れ筋を追いかけるのか?
・世界のアパレルは二つに分かれる
・デザイナーがコレクションを作るアパレル
・デザイナーが存在せずに、売れ筋を追いかけるアパレル
・日本の大手アパレルはライセンスからスタートした
・欧米アパレルのMDでは売れなかった
・欧州、アメリカ、日本の生活者のファッション意識の違い
・欧州、アメリカ、日本の生産システムの違い
・欧州、アメリカ、日本のファッションビジネス観の違い

3.欧米アパレルと日本アパレルの組織、業務フローの違い
・前年、前シーズンの実績と分析&デザイナーの発想から
・3C分析、トレンド分析から
・企画から製品化まで会議のない欧米
・何度も社内会議を行い、責任を分散する日本
・専門家による分業と、責任の明確化
・テーマ、プロトタイプ、展開

4.日本アパレルが取り組むべきこと
・ビジネスモデルの選択(グローバル、SPA、インターネット通販)
・展示会スケジュールの見直し
・ブランド構成とターゲットの見直し
・年間スケジュールの明確化とタイムマネジメント
・社内会議の合理化、責任の明確化
・サプライチェーン、生産の見直し

「アパレル業界向け 業績の上がる組織創り講座」

■講師:信國大輔(株式会社びりかん代表)

1.アパレル業界の典型的な組織課題
・リーダーは販売力はあってもマネジメントは苦手
・ノルマ制にしてもモチベーションがあがらない
・無難なものづくりから抜け出せない

2.リーダーは販売力はあってもマネジメントは苦手
・マネージャ、マネジメントが偉いのか? 高給なのか?
・ストレングスファインダー
・ストレングスベースドマネジメント
・企画する人 販売する人 マネジメントする人

3.ノルマ制にしてもモチベーションがあがらない
・衛生要因(下がる要因・上がる要因)
・モチベーション3.0(報酬はモチベーションの源泉を奪う)
・タイプ別のほめ方の違い

4.無難なものづくりから抜け出せない
・成功循環とは?
・コンテクストとは?
・共感を得るアプローチとは?(IQ・EQ)
・会社のビジョンと個人のビジョン

5.どうやって組織創りをしていくのか?
・社内アンケート
・エグゼクティブコーチング
・ワークショップ


<第三部>

課題共有/個別相談


【株式会社びりかんプロフィール】
株式会社びりかんは、組織変革・経営支援コンサルティングサービスをはじめとして、マーケティング活動代行サービス、人材採用支援、サーバ運用保守、システム開発などなど非常に幅広い支援サービスでお客様のビジネス発展に貢献しています。

株式会社びりかんHP:http://www.belicoun.co.jp/

【株式会社びりかん代表 信國大輔プロフィール】
1977年生まれ。福岡県出身。佐賀大学理工学部情報科学課卒業。
2007年7月に株式会社びりかん設立。現在、代表取締役。

社員を極力管理しない方が業績が伸びることをクライアントはじめとして世の中に示すため、自社では、固定のオフィスを持たず、出社義務もない。
つまり個々人それぞれに働く場所と時間を決めるというスタイルを実践している。

さらに通常の会社ではほぼ100%禁止している副業や起業もOK、また、一切の上下関係を作らず階層構造がないため、命令や指示は社内に存在しない。
よって、仕事内容も社員がそれぞれ自分で選ぶことが可能。「やりたいことをやる。やりたくないことはたとえ儲かってもやらない。」というのを会社のルールとしている。

それ以外にも、社長も含めて全員の報酬がフルオープンであったり、会社の会議に彼女や家庭の問題を持ち込むという公私混同をあえて積極的に推進するなど、
今までのあらゆる常識を根底から覆すような次世代型の組織運営を実践している。

現在のビジョンは、このような会社組織運営法を数多くの企業に導入し、楽しく自由に働ける労働環境を世界に広め、それを通して最終的には誰もが幸せになれる世界を実現すること。


【有限会社シナジープランニング プロフィール】
シナジープランニングは、ファッションビジネスコンサルタント、坂口昌章が代表を務めるファッション、アパレル、繊維に特化した企画コンサルティング企業です。
特に新規プロジェクト、事業再生、ブランドリニューアル等、ルーチンワーク以外の業務を支援いたします。

シナジープランニングHP:http://www.synergyplanning.jp/

【シナジープランニング代表 坂口昌章プロフィール】
1957年1月10日東京都墨田区生まれ
文化服装学院ファッションデザイン専攻科卒業後、株式会社ニコル、株式会社東京ロザリア、株式会社スクープで企画MD、ブランド開発等の経験を積んだ後、1988年に独立。
1990年有限会社シナジープランニング設立、同社代表取締役就任、現在に至る。

独立後は、三越商品本部婦人服コーディネーター、東武百貨店本店のリニューアルプロジェクトへの参画、丸井の新ブランド開発等に関わる。
その後、桐生、尾州、浜松、泉州、北陸、新潟等の繊維産地の企画指導、展示会のプロデュースを経て、繊維総合見本市「ジャパン・クリエーション」の設立に携わり、
1998年から2006年まで総合コーディネーターを務める。

現在は、「アジア」と「ブランディング」をキーワードに、ファッションビジネスの幅広い分野でビジネスマッチング、コンサルティング、人材育成に関わっている。

(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワークアドバイザー、中国流行色協会趨勢中心研究員、IFI大学講座講師、文化服装学院非常勤講師等々。

著書には「ポストDC時代のファッション産業(日本経済新聞社)」「脱トレンド主義(商業界)」等がある。
電子書籍としては、「ジャパンのクールな元素・クールジャパンの基礎知識[Kindle版]」「アジア時代のファッションビジネスを考えよう
[Kindle版]」「情報化時代のファッションビジネスを考えよう [Kindle版]」「コミュニケーションとファッションビジネス
[Kindle版]」「ファッションビジネスのグローバル人材育成[Kindle版]」「百貨店イノベーション
[Kindle版]」「電子書籍で何するの?! [Kindle版]」をアマゾンKindleストアで販売中。

« 売れる店を創る(1)「うちの店はなぜ売れないのか? j-fashion journal(65)  | Main | 売れる店を創る(2)『モノを買う顧客の行動』 j-fashion journal(66) »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 売れる店を創る(1)「うちの店はなぜ売れないのか? j-fashion journal(65)  | Main | 売れる店を創る(2)『モノを買う顧客の行動』 j-fashion journal(66) »