My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 新しいデザイナー組織のあり方 j-fashion journal(39) | Main | 低コスト追求と継続可能なビジネス j-fashion journal(40) »

January 23, 2013

2013年6月15日繊維ファッション土曜塾第3回「アパレル、デザイナーのためのコレクション企画」

第3回「アパレル、デザイナーのためのコレクション企画」

■講師:坂口昌章(シナジープランニング代表)

[内容]
 コレクション、展示会をどのように組み立てればいいのか。
 売上予算と店頭在庫設計からMDを組み立て、アイテムバランスに沿って商品構成をしていくのは分かっても、それで魅力ある品揃えになるのか。
 そもそも、欧米のコレクションは、なぜ、あのように異質なアイテムを組み合わせて見せることができるのか。
 こうした疑問に応えるのが今回の講座です。
 私もファッション専門学校を卒業しましたが、多くの日本の専門学校はオーダーメイドの延長の教育をしています。一着ずつ、コーディネートを考えたデザインを行い、服にします。
 しかし、既製服の発想は全く異なります。コレクションという一つのまとまった商品群を企画するのであり、最初から複数の単品コーディネートを想定したアイテムを設計しなければなりません。
 その方法論をみなさまにお伝えしたいと思います。
 アパレルでデザイナーやMDの仕事をしていて、「何かおかしいな」と疑問を感じている方。特にお待ちしています。
 これからデザイナー、MD、起業を目指す方。この基本を知らずにアパレルの仕事を始めるのはリスキーだと思います。
 みなさまのご参加をお待ちしています。
  
[日時]:2013年6月15日(土曜日)15時~18時


[受講料]:一般5000円、学生3000円、日本ファッション協会会員3000円

[会場]日本ファッション協会会議室
    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-5-1 神保町須賀ビル7階
    神保町の三省堂裏からすずらん通りを少し入った右側。ガストの向かい、
    一階がサンマルクカフェのビルの7階です。

[定員]30名

お申し込みは、ツイッターで@masakaguchiまで連絡をお願いします。
フォローしますので、DMにて氏名、所属をご連絡ください。
メールの方は、 masakaguchi@nifty.comまで氏名と所属をご連絡下さい。
学生、日本ファッション協会会員の方は、その旨、記載してください。会費は当日ご持参ください。

◆日本ファッション協会/シナジープランニング共催・繊維ファッション土曜塾

「勉強して、ネットワーク作って、ビジネスをしよう!」

 時代の変化が複雑になっています。為替の変化のように、ある人に有利なことは、他の人には不利になります。日中関係のように、経済的に深く相互依存している反面、領土問題で政治的に対立することもあります。
 震災復興には協力したいと思う人も、会社をタックスヘイブンに設立すれば、税金を払わなくてもいいことを知っています。
 最近、書店の店頭には「簡単に売上が上がる」「誰でもお金持ちになれる」という類の本が氾濫しています。しかし、時代はそれほど単純ではありません。
 こんな時代には、遠回りのようでも、まじめに勉強することが大切だと思います。但し、学校で教えるような受験勉強ではなく、会社で教えるような実践的な勉強です。
 そして、自分自身がどんなポジションに立ち、何を目指すかを考えることです。時代に合った目標設定をしましょう。
 その上で、必要な人的ネットワークを築き、ビジネスを展開していくのです。これを実現するためのささやかな試みをスタートします。
 
[塾の内容]

(1)勉強する
 一方的なレクチャーだけでなく、双方向のワークショップで意見交換と情報共有を行います。
 
(2)人的ネットワークを広げる
 受講者は皆、塾生です。自己紹介していただき、知り合いになっていただきたいと思います。塾生のために、facebook上のグループを作成します。セミナーだけでなく、オンラインでもコミュニケーションを取ることが可能です。
 
(3)新しいビジネスを考える
 講義の中、あるいは、facebook上で新しいビジネスのアイディアを出し合い、実現のためのプランを立てましょう。その上で、勉強すべきことが見つかれば、その内容を勉強しましょう。

« 新しいデザイナー組織のあり方 j-fashion journal(39) | Main | 低コスト追求と継続可能なビジネス j-fashion journal(40) »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 新しいデザイナー組織のあり方 j-fashion journal(39) | Main | 低コスト追求と継続可能なビジネス j-fashion journal(40) »