My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 産地ブランドの最低条件 j-fashion journal(17) | Main | ファッションは変化なり j-fashion journal(18) »

July 04, 2012

第8回12月1日土曜FB塾「一人で始めるファッションビジネス」

土曜FB塾「一人で始めるファッションビジネス」/日本ファッション協会・シナジープランニング共催

第8回:世界と日本の組織、役職、業務フローの違い
    ・前年実績主義の日本企業は改善できても改革はできない
    ・欧米はシーズン毎にテーマを変えることでダイナミックに変化
    ・総合職から専門職に転換したアメリカ
    ・集団責任のための無駄な形式的会議のロス
    ・役割分担の明確化と合理的な評価報酬システムで会議レス
    ・素人のための社内プレゼンは膨大な無駄
    ・グローバル企業を目指すなら、何をすべきか?
   
[日時]:2012年12月1日(土曜日)15時~18時

[受講料]:一般5000円、学生3000円、日本ファッション協会会員3000円

[会場]日本ファッション協会会議室
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-5-1 神保町須賀ビル7階
*神保町の三省堂裏からすずらん通りを少し入った右側。ガストの向かい、一階がサンマルクカフェのビルの7階です。

[定員]20名

*お申し込みは、ツイッターで@masakaguchiまで連絡をお願いします。フォローしますので、DMにて氏名、所属をご連絡ください。
メールの方は、 masakaguchi@nifty.comまで氏名と所属をご連絡下さい。学生、日本ファッション協会会員の方は、その旨、記載してください。会費は当日ご持参ください。

第1回:夢の事業計画とスケジューリング 
   2012年7月14日(土曜日)15時~18時
第2回:小売からの発想、メーカーからの発想
   2012年7月28日(土曜日)15時~18時
第3回:世界市場動向からビジネスを考える
   2012年8月25日(土曜日)15時~18時
第4回:事業計画と予算化
2012年9月8日(土曜日)15時~18時
第5回:コンセプトプランニングと企画書作成
   2012年9月29日(土曜日)15時~18時
第6回:ストーリー、シナリオ、プレゼンテーション
   2012年10月13日(土曜日)15時~18時
第7回:世界と日本のファッションビジネスの違い
  2012年11月10日(土曜日)15時~18時
*終了しました。ありがとうございました。


第8回:世界と日本の組織、役職、業務フローの違い
  2012年12月1日(土曜日)15時~18時
以上までスケジュール決定。

第9回:WIN-WINのビジネスモデル
第10回:ブランド企画演習(1)
第11回:ブランド企画演習(2)
第12回:ブランド企画演習(3)

[本講座の背景と概要]
 終身雇用が当たり前だった時代は、企業と教育機関は互いに干渉せず、独自の路線を歩んでいました。企業は入社してから定年までの長期間の中で人材育成をすれば良いという考え方でした。教育機関は安心して独自のカリキュラムを展開すれば良かったのです。
 アメリカは終身雇用ではなく、転職を繰り返しながらキャリアアップするという考え方です。社員がどの会社に転職しても、困らないようにするには、業界毎に共通の組織、役職、業務フローなどを整備する必要がありました。そこで、業界が主体となって職業教育機関を作りました。業界は金も出すし、講師も出す。もちろん、口も出します。こうした業界の専門教育機関が大学に転換したケースも少なくありません。
 また、アメリカでは全く異なる分野に転職することも可能です。その場合、多くの人が、再度大学に入学し、新たな職業に就くためのスキルを身に付けます。一般的なアメリカの大学に求められるのは、即戦力となりうる教育です。即戦力となる教育がなされるので、インターンシップが可能になります。
 日本の大学は高校卒業生を基本に組み立てられています。また、職業に直結したプログラムではありません。そのため、社会人が転職する時に学びたくなるような高度な教育がなされていません。
 ファッション専門学校は、洋裁学校をルーツにしています。その目的は、家族の洋服を作ることでした。そのため、現在でも、デザイン、パターン、縫製等の技術教育に比重が置かれています。ここでも実践的なビジネスを教えるという発想はありません。
 大学も専門学校も企業への就職を前提とした教育であり、起業の方法を教えるカリキュラムはほとんどないと言っていいでしょう。むしろ、「起業なんて教えて、学生が自立できなければ、どのように責任を取るんだ」と怒られるかもしれません。そういう人達は、企業などの組織に所属していて、フリーランスの経験がない人が多いのです。そして、自分たちこそが、日本の主流であり、正しい道を歩んでいると信じています。
 しかし、私のように若い時からフリーランスで仕事をしてきた人間は、別の考え方を持っています。現在、就職はなくても、求められている仕事はたくさんあります。確かに、フリーランスで多額の住宅ローンを支払いながら、家族を養い、子供の教育費を稼ぎ出すのは大変です。経済的な側面を考えれば、安定した企業で正社員として働く方が良いでしょう。
 しかし、既得権にしがみつき、若い世代に席を譲らない人が多く、若い世代にはなかなかチャンスが回ってきません。就活で自信を失い、フリーターとして生きていくことを考えれば、フリーランスも悪くない選択です。若い人は、自分の生活費を稼げば良いのです。その程度の収入を確保するのであれば、実現の可能性はかなり高くなります。
 本ワークショップでは、「一人で始めるファッションビジネス」をテーマとして、起業、フリーランスの生き方、ファッションビジネスのノウハウ等を身に付けることを目標としています。
 一人で始めると言っても、永遠に一人だけでやるのではありません。一人で始めて、次第に企業として成長していくという意味です。「その最初の一歩をどうするか」というテーマです。
 「一人でやるのだから、好きにやれば良い」と思う人もいるかもしれませんが、一人だからこそ、正しい情報やマーケティング分析を行い、組織人以上の努力をしないと生き残っていけません。一人で始めるからこそ、人間関係が大切であり、他の専門家と連携していかなければなりません。一人で始める、の意味は、最初から自立してビジネスをしていくという意味です。下請けでも、暖簾分けでもなく、あくまで自立したビジネスを目指そうというのが、本講座の趣旨です。 本ワークショップは、連続して受講することで、全体的な知識とノウハウが身につきます。しかし、双方向で進行しますので、どの回から参加しても受講可能なように構成しています。これは、会社や仕事と同様です。どの時期に途中入社しても、仕事を覚えることはできるのです。

[本講座の対象者]
・ファョションビジネスを目指す専門学校生、大学生、大学院生、社会人
・ファッション関連企業に就職あるいは転職を希望する学生、社会人
・ファッションで起業を考えている人
・社内で新規事業開発を担当している人
・定年後の起業を考えている人
・フリーランスで活動している人
・社内に活力を与えたいと考えている経営者

[本講座の構成]
・1回3時間(1時間の講義+2時間のワークショップ)+話し足りない人は場所を移して、二次会を予定。
・基本的に隔週の土曜日開催ですが、会場の都合等により変更する場合もあります。
・専任講師&ファシリテーター:坂口昌章(シナジープランニング代表)
・必要に応じて、ゲスト講師を招く予定です。

« 産地ブランドの最低条件 j-fashion journal(17) | Main | ファッションは変化なり j-fashion journal(18) »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 産地ブランドの最低条件 j-fashion journal(17) | Main | ファッションは変化なり j-fashion journal(18) »