My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 2011年3月11日セミナー「2011年から始まる次の20年を生き抜くために」in 大阪 | Main | 2011年4月16日超緊急セミナー!「大震災後のファッションビジネス」 in大阪 »

March 15, 2011

ファッション・エイド「Pray Japan,Play Japan」の提案

 未曽有の東北地方太平洋沖地震により、JFWが中止となった。しかし、世界が注目しているこの時にこそ、日本のテキスタイル、ファッション業界が団結して、世界にアピールし、同時に被災者を励まし、支援することはできないだろうか。日本発ファッション・エイドはできないのか?

 たとえば、facebook上には日本を、被災者を励ますイラストやメッセージが溢れている。それらの作者に交渉して、デザインを提供してもらえないだろうか。(グラフィックデザイナー、イラストレーター、漫画家によるデザイン貢献)
 そのデザインを元にジャカードやプリントのテキスタイルを制作する。(テキスタイルメーカーによるテキスタイル制作の貢献)
 それらを使って、日本のデザイナーに最低一点の作品を創ってもらえないだろう。(デザイナーによるデザイン及び制作貢献)
それを集めて、ファッション・エイドのようなチャリティイベントはできないだろうか?ファッションショーでもいいし、デザイナーのコメントと作品をビデオに撮って、世界中に配信してもいい。(媒体による貢献、雑誌による貢献)
 これらの作品を世界中の小売店、セレクトショップ等で販売することはできないだろうか?(小売店による販売スペースの提供、縫製メーカーによる生産の貢献)
 あるいは、ネットショップで販売できないだろうか?(インターネット販売業者による貢献)
 各自ができることを行う。無償でなく、相応の費用を受け取る。そうしなければ持続できないから。そして、元気が出る服ができたら、被災者の方々にも着ていただこう。そして、笑顔になっていただこう。
 勿論、利益は寄付するか、被災者に役立つような次のプロジェクトを考えよう。寄付しても、それが配分されるには時間が掛かる。それなら連続的にプロジェクトを仕掛けていった方がいいのかもしれない。
 とにかく、行動しようではないか?寄付金も大切だが、多くの人々が自分の仕事を通じて、連携して、一つの形にすることは、力を与えられると思う。

« 2011年3月11日セミナー「2011年から始まる次の20年を生き抜くために」in 大阪 | Main | 2011年4月16日超緊急セミナー!「大震災後のファッションビジネス」 in大阪 »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Satoru Matsudaさん。ありがとうございます。今、いろいろと調整しています。難航していますが・・・。実行することになれば、お声をかけますので、よろしくお願いします。
田口紋子さん。ありがとうございます。最も大変なのは、販売です。日本側では、日本で作ったものをアメリカで販売できないかと考えています。アメリカで作ったものを日本で販売でも良いのですが、誰がどこでどのように販売するのか?その経費はどうするのかが課題となります。また、寄付する先も問題です。最もクリアなのは、日本赤十字ということになると思いますが・・・。いろいろと解決しなければならない問題があります。

2010AWの東京コレクションに参加したブランド「Satoru_Matsuda」のデザイナー松田 悟と申します。

予てからビジネスありきのデザインに?でしたので今年から方向転換を試み、既に地元の産業活性事業の実行委員や、フェアトレードおよびオーガニックコットンの推進を含めいくつかの案件のもと活動しています。

時間とアイデアは有り余っていますので1点といわず、10点でも20点でも協力させていただければ幸いです!

はじめまして。

私はLAのブランドの代理店をやっているものですが、
アメリカからの提案もあり、アメリカでTシャツをつくり日本で販売し、売り上げを寄付することはできないのか?
という提案をいただいています。

その時twitterでこの企画を見て、何かアドバイスやご協力できることがないかと思い
メールさせていただきました。

お恥ずかしいお話私どもはこのような件に関して
知識がないので検討が続いています。

私たちはSHOPなどもなく通常は卸営業の会社なのですが、
今回の場合は通常の卸営業とはやり方をかえなくてはと思っています。

何かアドバイスやご提案などありましたら
是非教えていただければと思います。

急なご連絡でこのような内容で
恐縮ですが宜しくお願いいたします。


はじめまして。
私どもの会社はLAのブランドの代理店をやっています。

初めてコメントさせていただきますが、
twitterでフォローさせていただいており、
今回の震災で上記にような呼びかけというのか取り組みに関してというのか
とても賛同したのでメールさせていただいております。

私たちもアメリカサイドから何か出来ることはないかと声かけをいただいております。
私どもはアパレルの会社なので
洋服を作る、売る、見せるということしかできません。

アメリカブランドの商品を提供しそれを日本で販売、
その売り上げで被災地への寄付なども含め
元気つけができないかと考えています。
アメリカからの応援でもあるので
何か形にできればと思っているのですが。
しかし、SHOPなどをもっていない為どのように動いていいのが検討が続いています。

急にこんなご連絡でお恥ずかしいですが、
私たちには知識がありません。

何がアドバイスいただければと思います。

このようなお問い合わせをたくさん寄せられているとは思いますが、
今は何でもいいので情報がほしいしだいです。

宜しくお願いいたします。


一票入れます。大賛成!すばらしいです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 2011年3月11日セミナー「2011年から始まる次の20年を生き抜くために」in 大阪 | Main | 2011年4月16日超緊急セミナー!「大震災後のファッションビジネス」 in大阪 »