My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« ファッション・エイド「Pray Japan,Play Japan」の提案 | Main | 復興支援とファッションにできること(fashionsnap.comへ寄稿) »

March 27, 2011

2011年4月16日超緊急セミナー!「大震災後のファッションビジネス」 in大阪

超緊急セミナー!「大震災後のファッションビジネス」 in 大阪
~地震を契機に、日本の繊維産業の構造変化が加速する~

◆「自粛」「不謹慎」を言い続けていると、経済が衰退します。我々は経済活動を維持しなければなりませんが、震災前の経済活動には戻りません。消費者の意識も、海外の人々の日本のイメージも変わりました。痛みに耐えるだけでは何も解決しません。発想の転換が必要です。全てを変えなければなりません。
私は、ファッションビジネスという面から、震災後に日本が、企業が、経営者が、我々がどうあるべきかを考え、自分なりに整理しました。今すぐにやるべきこと、短期的に取り組むこと、中長期的に考えなければならないこと。それをみなさんに聞いて頂きたいと思います。そして、新しい時代を共に創りましょう。

講師:シナジープランニング代表/東レ経営研究所客員研究員 坂口昌章

■日時:2011年4月16日(土曜日) 15時~18時
■会場:瀧定大阪本社(〒540-8668 大阪市中央区備後町2-3-6)
■受講料:一般5千円、学生、瀧定大阪関係者3千円(内、1千円は赤十字への義捐金とします)
 
*お申し込みは、ツイッターで@masakaguchiまで連絡をお願いします。フォローしますので、DMにて氏名、所属をご連絡ください。
メールの方は、 masakaguchi@nifty.comまで氏名と所属をご連絡下さい。学生、TDA会員、日本ファッション協会会員の方は、その旨、記載してください。会費は当日ご持参ください。

*本セミナーは4月2日に東京で開催されたものと基本的に同じ内容です。ツイッターのハッシュタグ #synergy
_0402 で検索していただくと、ダダ漏れレポート、感想等がご覧いただけます。

1.東日本大震災による繊維産業の損害
・工場、商業施設の損害
・物流拠点の損害

2.「電力不足による計画停電」「物流の混乱」の影響
・首都圏の企業、工場
・首都圏に通勤する人々
・心理的影響
・本社機能の移転、分散

3.「放射能汚染及び風評」の影響
・「安心・安全な国」から「汚染された国」へ
・研修生の帰国による影響
・インバウンド減少と観光立国の危機
・農産物輸出の危機
・外国人の日本脱出

4.「自粛ムード等、消費者意識の変化」の影響
・ラグアュアリー消費の減退
・自粛、不謹慎の影響
・買い占め消費、支援のための消費
・外食産業、広告産業の打撃
・大震災によるデフレスパイラル

5,大震災前の変化が、大震災で加速する
・中国委託生産の危機
・国内市場の限界と海外市場進出
・安売り商法の限界
・震災前の延長では未来が描けない

6.ソーシャルビジネス、社会的意義の追求
・支援のための消費
・利潤追求から社会の生命維持装置としての企業へ
・脱・経済効率追求の発想
・雇用、報酬の考え方
・企業は何のために存在するのか?

7.チャリティから始める海外市場進出
・個人のつながり、信頼関係からのビジネス
・日本を支援してくれる地域に
・現地が欲しいものを提供
・日本を理解してもらうこと

8.根本的な経営戦略、事業計画の見直し
・ミッション、ビジョン、事業領域の見直し
・事業計画、予算の見直し
・調達、加工、販売の見直し
・企業経営の発想の転換

9.製造業モデルからアート、デザイン、カルチャー産業モデルへ
・エネルギーを使わずに生産する
・国内のフェアトレード
・大量生産大量消費から無駄のないオーダーメイドへ
・分業のための産地ではなく、生活の場としての産地
・産業資産と若いクリエイターによる新しいモノ作り

« ファッション・エイド「Pray Japan,Play Japan」の提案 | Main | 復興支援とファッションにできること(fashionsnap.comへ寄稿) »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ファッション・エイド「Pray Japan,Play Japan」の提案 | Main | 復興支援とファッションにできること(fashionsnap.comへ寄稿) »