My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 既存のブランディング手法の問題点 | Main | 継続的なブランディングを可能にする組織 »

January 28, 2011

2011年2月19日シナジーセミナー「中国ビジネスで失敗する理由・成功するための条件」

シナジーセミナー「中国ビジネスで失敗する理由・成功するための条件」

講師:シナジープランニング代表/東レ経営研究所客員研究員 坂口昌章

■日時:2011年2月19日(土曜日) 14時~17時
■会場:日本ファッション協会会議室(〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目5番3号 福島ビル6階←日本橋三越本店の向かいの福島ビル、一階が島根館、上野精養軒の看板のあるビルです。)

*17時より居酒屋にて2次会も予定。(割勘で3~4千円程度)

*お申し込みは、ツイッターで@masakaguchiまでDMにて氏名、所属をご連絡ください。フォローします。メールの方は、masakaguchi@nifty.comまで氏名と所属をご連絡下さい。学生の方、日本ファッション協会会員、TDA会員の方は、その旨、記載してください。会費は当日ご持参ください。


1. 中国市場で苦戦する日本企業

  ・日本のやり方で進出するも通用せず
  ・人脈の上に商売がある中国、企業間の関係が商売の基本の日本
  ・中国では政府とビジネスは切り離せない
  ・成長期のマーケティング戦略と衰退期のマーケティング戦略の違い
  ・インターネットマーケティングの重要性(ブログ、チャット等)
  ・直営店と代理商
  ・大都市立地と地方都市立地
  ・自前主義が陥り易い陥穽
  ・中国人の労働観はアメリカ的、訴訟社会へ

2. 中国人消費者が日本に求めているもの

  ・欧米にはない日本独自のデザイン(欧米コピーでは差別化できない)
  ・ブランディングが重要(プロモーション、ショップデザイン、顧客管理、差別化できる接客サービス等→まず日本で実現する)
  ・10メートル、1メートルの距離から見ても、触っても魅力的な製品
  ・安心安全、高性能、高機能な商品(素材の差別化等)
  ・60年代、70年代生まれの富裕層は豪華に見えないものには投資しない(日本の商品はつまらない、寂しいという評価)
  ・80年代生まれ以降は日本で売れている最先端デザインでリーズナブルな商品

3. 中国市場参入の方法

  ・中国で売れるブランド、商品(サービス)か、徹底的にリサーチ
  ・「中国社会に貢献する」というストーリー
  ・大学と連携したプロモーション等も重要
  ・イメージキャラクターモデル、プロモーション計画、ショップデザイン等の整備
  ・いかに良い代理商を獲得するか?
  ・直営店モデルは、核となる人材が重要
  ・現地法人の形態は柔軟に決定する
  ・産権交易所の活用も検討(産権:物権、債権、株権、知的所有権(特許権、著作権、商標権を含む)等

4.焦って中国に出るよりも、日本でじっくり準備しよう

  ①中国市場を含め、グローバルなブランディング構築
  ②グローバルブランド旗艦店を日本で開設
  ③ 中国人スタッフ(本部、店頭)を雇用・教育
  ④ 業務の見える化、マニュアル化
  ⑤ 評価、表彰、報酬制度等の整備
  ⑥ 店頭販売管理、物流管理の情報システム構築(中国語)
  ⑦ 旗艦店情報を中国のポータルサイト等に発信
  ⑧ 中国人観光客の集客、口コミ戦略
  ⑨ 中国人パートナーとのマッチング
  ⑩ 中国に合弁で販売会社設立
  ⑪ 直営店開設と代理商募集
  ⑫ 中国でのプロモーション活動

« 既存のブランディング手法の問題点 | Main | 継続的なブランディングを可能にする組織 »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

はじめまして私、株式会社東レシステムセンターの梶谷と申します。小職はいま、アパレルシステム課に所属しておりまして【アパレル向け生産管理システム】の営業をしております。導入先はアパレルメーカー、工場、小売と様々です。
アパレル向け生産管理については景気低迷によりシステム投資も縮小傾向にあり新たな商材の開発に迫られています。直近でモバイル端末を使った店舗管理をこの3月に東京ビッグサイトで開催されるリテールテックJAPANに出展します。 業界経験豊富な坂口様とは是非いちどご挨拶させていただき、これからの業界向けシステム等々についてお話させていただきたく存じます。よろしくお願いいたします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 既存のブランディング手法の問題点 | Main | 継続的なブランディングを可能にする組織 »