My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« コミュニケーションという視点から展示会を考える | Main | EUの環境規制による非関税障壁 »

December 10, 2010

自信が持てないあなたへ

 「自信が持てない」と思うのは、自分がやりたいことをするには、自分が成長しなければならないと思っている証拠です。そして、自分の理想像と現在の自分が乖離していると考えています。とても自然なことですし、真面目に人生を考えている証拠です。
 世の中には、自信満々の人もいます。現在の自分のままで何でもできると信じている人です。本当に能力を身につけている場合もありますが、能力がないのに自信だけという人もいます。そういう人は、当然最初から成功しません。それでも自分の能力が足りないせいだとは考えずに、周囲が悪いと考えます。私の実力を理解しない周囲が悪いと考えるのです。しかし、行動した分だけ経験を得ることができます。何度も失敗することで、経験を積んで、それがまた自信になっていくという良い循環になり、少しずつ成功に近づいていきます。
 反対に自信がなくて行動ができないのは臆病だということです。しかし、臆病ゆえに努力をして着実に能力を伸ばすことができます。そして、恐る恐る実行に移してみると、案外、人並みにできるものです。考えてみれば、世の中の仕事の多くは、平凡な人によって行われています。そして、平凡でも確実な仕事が支えることで、一部の突出した才能が生きてくるのです。一部の突出した才能の持ち主が孤立していたのでは、その才能は生かせません。どんなに自信満々でも協力者がいなければ成果は上がりません。

 自信がないというのは、未来の時間を考えているからです。挑戦して失敗するかもしれない不安。努力しなければならないというプレッシャー。そして、未来を考えるあまり、現在のあなたは動けなくなってしまっています。どんなに悩んでも、何度も同じことをグルグルと考えても、人間の持っている時間は決まっています。どうなるか分からない未来のことを考えて、現在の時間を無駄にすることは、更なる不安を増すだけです。
 これを解決するには、現在の時間を精一杯努力するしかないのです。やるべきことをやるしかありません。あなたは、自信がないと言っても、毎日の生活に不自由しない能力を有しています。世の中には、日常生活さえ困難な人は大勢いるのです。ですから、日常生活を元気に過ごせることは大きな希望です。
 将来はどうなるのか誰も分かりません。戦争が起きるのか、交通事故になるのか、病気になるのか、誰も分からないのです。しかし、誰もがやがて死にます。その時期が早いか遅いか。予想通りに来るのか、不意に来るのか、という違いだけです。しかし、それでも今を生きていく。明るい気持ちで生きていく。明日が分からないからこそ、今を生きなければなりません。
 自信がない、もう一つの原因は、あなたが過去の時間に生きているからです。自分が失敗した過去、親や先生、友人から叱られたり、駄目な子だと言われた過去の時間です。あなたは過去を乗り越えたはずですが、たまに過去の悪い記憶が首を持ち上げて、あなたを不安にします。しかし、過去の時間はもう過ぎたことであって、あなたは過去には戻れません。あなたの過去は誰も知りません。あるいは忘れています。みんな自分のことを考えるのに精一杯です。
 あなたは現在の時間を生きているのです。未来でもなく過去でもない。現在の時間です。自信を持たなければいけない、と思うのも、プレッシャーなのかもしれません。自信を持たなくてもいいんです。でも、忘れていたつまらない記憶を弄ぶのはやめましょう。だれもが分からない不安な未来を考えるのもやめましょう。そして、成功するイメージを持ちましょう。自信じゃなくていい。イメージです。こんな自分になっているという明確なイメージです。あとは、現在の時間を明るく過ごしてください。
 なぜ明るく元気で過ごすことが大切なのか分かりますか?それは、あなたの周囲も明るく元気になるからです。あなたが周囲にも良い影響を与えるのです。誰でも、明るく前向きな人と一緒にいたいのです。そして、あなたが現在の時間を生きていれば、周囲の人の気持ちも明るくなり、あなたを助けてくれます。自然と助けたくなるのです。あなたに自信を持て、とう言ってくれる友達もあなたを助けたいと考えています。それは、あなたが今を生きているからです。
 これまであなたの味方になってくれた人は大勢いるはずです。嫌いな友達でも、いつも意地悪をしていたわけではありません。あなたのことを考えてくれたことが一度くらいはあったのではないでしょうか。もちろん、いつもあなたの味方をしてくれた人もいるはずです。そんな時、あなたはその時間を一生懸命、あるいは無心に生きていたのです。
 自信を持てないあなたの周囲にも、自信を持てない人は大勢います。自信たっぷりのように見える人でも、人知れず自信がなくて悩んでいることも多いのです。自信がないなんて、当たり前のことです。考えても仕方のないことなのです。
 どうか、今日一日を生き生きと過ごしましょう。美味しい空気を吸って、美味しいものを食べましょう。そして身体を元気に動かしましょう。自信なんて必要ありません。充実した今を生きましょう。

« コミュニケーションという視点から展示会を考える | Main | EUの環境規制による非関税障壁 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事