My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« Ustreamで産地と企業をPRしよう! | Main | 独自文化による神秘の理想郷になれないのか? »

November 03, 2010

変化を味方につけるビジョンを

 国単位の経済変動が短サイクルになっている。ファンドマネーの動向で、一国の経済が簡単に揺らぐ時代だ。
 投機資金は安定や成熟を好まない。安定、成熟は停滞と解釈され、資金が引き上げられる。投機の表舞台、主人公は不安定で未成熟な地域、産業、企業である。また、投機とは情報戦であり、様々な解釈により、同じ産業、企業でも突然評価が高まるケースがある。
 例えば、日本のマンガやアニメを労働集約型産業と捉えるか、コンテンツ産業と捉えるかで投資対象になるかが決まる。また、日本の農業もコスト高で国際競争力のない産業と捉えるか、中国富裕層向けのブランド産業と捉えるかで、その価値は変化する。どちらもモノは変わっていないが、解釈次第で情報価値が変わるのである。
 こうした時代は、変化を味方につけなければならない。最もしてはならないことは、序列を重視し、与えられた仕事に疑問を持たず、ルーチンワークを黙々とこなすことである。生真面目さは停滞と解釈され、投機の対象から外されるだろう。

 百貨店やアパレル企業、繊維関連企業が衰退しているのも、既存の方法論から脱せずに、時代が変化しているにも関わらず、黙々と既存の業務をこなしているところにある。もっと、成長のイメージをビジョンとして提示し、株主やファンドに対してプレゼンテーションしなければならない。
 また、何でも自前でやろうとする態度も、投資の妨げになる。自社の弱点、不足する要素があるからこそ、投資が必要なのであり、弱点が分かっているから成長の可能性があるのだ。
 例えば、百貨店は都心の一等地に立地している。その不動産価値を高めるようなビジョンがあれば、投資の対象となりうるだろう。しかし、百貨店業態に拘泥していると新しい可能性が見えてこない。百貨店復権にはプロパティマネジメントの発想が重要になる。
 アパレルや繊維産業も製造業として見ると成長の可能性が感じられない。しかし、ブランドビジネス、デザインビジネス、情報ビジネス、コンテンツビジネス等に自らの業務を読み替えることで、成長のビジョンが打ち出せるのではないか。
 その意味では、国際市場進出は必須条件である。限られた市場を対象にしている企業には投資できないが、国際市場に打ち出すのならば、投資の可能性が出てくる。中国企業に買収されるのを待つのではなく、自ら資本参加を呼びかけるべきである。

« Ustreamで産地と企業をPRしよう! | Main | 独自文化による神秘の理想郷になれないのか? »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事