My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 世界的に展示会を見直す時期 | Main | Ustreamで産地と企業をPRしよう! »

November 03, 2010

ファッションラボラトリーの提案

 日本の繊維産業は、その昔、合繊メーカー、紡績、生地問屋が緊密な系列関係を構築し、その中で商品開発を行ってきた。やがて、問屋の淘汰と共に、商品企画のコントロールはアパレルが担うようになった。アパレルの企画担当者は、テキスタイルのプロではない。別注の色出しや、簡単なアレンジはできるが、本格的なテキスタイルの企画開発は門外漢である。こうしてテキスタイルの企画開発機能が失われていった。
 現在は納期優先、価格優先の定番生地が主流である。テキスタイルの展示会を見ても、最終製品のトレンドを考え、イメージをしてからテキスタイル開発をするという当たり前のことができるメーカーは実に少ない。
 アパレル製品の企画開発も同様である。企画会社の提案したサンプルを選ぶだけというバイヤーのようなデザイナーが増え、売れ筋の後追い企画はできても、それぞれのブランドコンセプトに対応した新鮮な提案が少なくなっている。

 川上から川下まで、リスクを嫌い、新しい提案を行わない。結果的に市場は同質化した商品であふれ返り、価格競争に陥っているのである。
 現在は、テキスタイルもアパレルも、まずメーカーが新鮮で面白い試作を行い、具体的に製品として提示しない限り、商品化されることはない。しかし、商品開発をリスクと考える企業が多く、結果的にいつも同じような商品が展開されているのである。
 そこで提案だが、原糸メーカー、テキスタイル、染色整理、縫製、刺繍、捺染、付属、テキスタイルデザイナー、ファッションデザイナー、消費者モニター等によるラボラトリーを組織してはどうだろうか。そして、最終的には展示会の演出や流通へのプレゼンテーションまで行う。
 テキスタイルの展示にしても、10社が各1ブース出展するのなら、10ブースの中でアパレル製品を想定した編集を行い、コーディネート提案した方が良いだろう。そして、デザイナーや縫製メーカーと連携することで、最終製品の提案が可能になる。
 現在行われているテキスタイルとデザイナーのコラボは、単なるデザイナーの自己満足の作品を制作しているに過ぎない。そうではなく、流通に商品として提案することが重要なのだ。
 現在、イタリア人のクリエイティブディレクターと一緒に、日本とイタリアのコラボによる世界最高の素材を作ろうというプロジェクトを進めている。それと連携した日本の有志によるラボラトリーを作りたいと思う。

« 世界的に展示会を見直す時期 | Main | Ustreamで産地と企業をPRしよう! »

「ファッションビジネス」カテゴリの記事