My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« JCにて「JC改革と国際化」 | Main | 日本企業が中国市場で成功するための必勝戦略 »

May 02, 2006

成功する小売業のキーワードは「システム連携」

 小売店は、「食料品店」「衣料品店」「インテリア用品店」等のように扱い商品別に分類されている。小売店を営むには、それぞれの扱い商品の仕入先とのパイプ、扱い商品の専門知識が必要だ。素人が小売店を開こうと思っても、そうは「問屋が卸さない」のである。しかし、こうした業界の常識も過去のものになりつつある。
 問屋を中心とした信用取引ではなく、オープンな現金取引が増えつつある。資金さえあれば、誰でも小売店を経営することが可能だ。ここで最も悩むのは、どんな商品を扱うかだろう。魅力的な商品を集めることができれば、店も繁盛する。「問題は商品である」という事実は揺るがない。
 その一方で、良い商品を揃えている店が潰れるケースも多い。これはメーカーも同様であり、良い商品を生産しているメーカーや、良い商品を生産できる技術を持った企業が潰れているのである。商品は大切だが、商品がビジネスの成功条件であるとは言い難いのである。
 成功している小売店を見ると、その多くはシステム化している。バーコードによる単品管理を行い、売上データはネット回線を通じて瞬時に本部に集約される。また、仕入先や物流センターとも、情報共有化が進み、伝票レス、自動補充等を可能にしている例も多い。

 コンビニはシステム化した業態の典型である。コンビニでは、公共料金の徴収業務、宅配の受付、チケット等の購入、通販商品の受け渡し業務など、業務が多角化しているが、これらは情報システム連携により、情報処理と決済処理が可能になったことで広がったサービスである。商品からの発想ではなく、システムからビジネスチャンスが生まれたのである。
 百貨店と量販店を比べると、量販店の方がシステム化が進んでいる。通常の品揃え専門店よりも、SPA業態のショップの方がシステム化が進んでいる。町の床屋よりも、1000円床屋のQBハウスの方がシステム化が進んでいる。町の古本屋よりも、ブックオフの方がシステム化が進んでいる。
 成功している小売店は、扱い商品で成功しているのではなく、システム化により成功しているのではないか、という仮説も考えられるのだ。
 良い商品を仕入れるには、経験豊富なバイヤーが不可欠である。しかし、一人のバイヤーが担当する商品は限られている。仕入れ能力、MD能力を高めるには、なるべく多くの実績を分析し、予測し、検証することである。10店舗を統括しているバイヤーよりも、100店舗を統括しているバイヤーの方が情報量は多い。また、月単位で売上を集計しているバイヤーよりも、リアルタイムで売上を把握しているバイヤーの方が市場の動きを把握できるはずだ。システム化することで、一人の人間が扱える情報量を飛躍的に高めてくれる。また、コンピュータを活用することで業務の自動化が可能になる。
 たとえば、ファッション専門店が売上を上げるには、どういう方法が考えられるのか?ます入店客数を増やすことである。十分な広告宣伝費がかけられればいいが、そうでない場合は直接顧客にアプローチすることになるだろう。電話や手書きのハガキという手段は、人の温もりが伝わるので効果的だが、効率が悪い。顧客管理システムと連携したメール作成、メール送信システムがあれば、一度に数百人、数千人にメールを送信できる。日常的に携帯メールを使っている人ならば、電話やハガキよりも携帯メールの方が身近に感じるだろう。新作商品の画像を簡単なコメント付きで携帯に送信すれば、低コストで来店を促すことができる。これだけでも、システム化している場合とそうでない場合では、大きな格差ができるはずだ。
 加えて、店間移動や自動補充をシステム化すれば、店長や販売スタッフは指示通りに商品を処理するだけで、消化率が確実に上るはずである。
 以上は、自社内のシステム化に限定した話である。前号に述べたように、仕入先とのシステム連携が可能になれば、更なる効率化とビジネスプロセスの進化が可能になる。それについては、次回。

« JCにて「JC改革と国際化」 | Main | 日本企業が中国市場で成功するための必勝戦略 »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 成功する小売業のキーワードは「システム連携」:

« JCにて「JC改革と国際化」 | Main | 日本企業が中国市場で成功するための必勝戦略 »