My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 東京コレクションについて考える | Main | 中国ビジネスは恋愛に良く似たり »

December 06, 2005

良い人だから、お礼は言わない

 日本人は均一に出来ている。すごく悪い人もすごく良い人も少ない。中国人は幅が広い。すごく悪い人からすごく良い人まで揃っている。ビジネス上で出会う中国人の多くは、少し悪い人と少し良い人だ。すごく良い人もいるのだが、なかなか出会えない。
 私の知人、Yさんのお父さんはその昔、中国で生活していた。Yさんが大人になって中国に旅行に行く時に、お父さんがこう言った。「あの近くに友人がいるから、訪ねてごらん」
 Yさんのお父さんが最後にその友人と会ったのは30年前。30年経って、昔々の友人の娘が訪ねて来たのである。勿論、事前に手紙で連絡はしてあったが、まるで自分の娘のように手厚く歓迎してくれたそうだ。彼女はお礼を述べてから「こんなに良くしてもらっても、私はまだ若いので何もお返しができません」と言うと、そのお父さんの友人はこう応えたそうだ。
 「私はあなたのお礼を期待しているわけではないし、あなたが何もできなくてもいい。でも、私の子供があなたの世話になるかもしれない。私の子供でなくても、他の中国人があなたの世話になるかもしれない。あなたが親切にされたことを覚えてくれて、あなたが誰かにそれを返してくれればそれでいいんです」

 中国人は何かをもらっても、簡単にお礼を言わない。涼しい顔をしているだけ。何かをもらって、あまりお礼を言うと、「また、下さい」とねだっているように感じるらしいのだ。だから、黙っている。でも、恩は忘れない。何かあったら返そうと思っている。
 それを誤解する日本人も多い。「中国人は何かしてもらってもお礼も言わない」という評価を下してしまうのである。どうも、日本人と中国人の人間関係はスケールが異なるようだ。
 中国の歴史は、常に外部から侵略された歴史である。だから、身内しか信じない。でも、身内だけでは商売もできていし、生きていけない。だから、人のつながり、人の紹介を大切にする。良い人に紹介してもらうと、10年来の知己のように迎えてくれる。私も中国で大勢の良い人に出会った。
 商売抜きで中国人と付き合うと、良い人に巡り合う確率は高くなる。良い人との関係を築き、それから商売を考えることが、中国の常識だ。
 日本人だって、「これ買って、これ買って」と見知らぬ外国人に迫られたら、良い気持ちはしないだろう。個人では当たり前のことでも、なぜか会社単位になるとやってしまうんですね。◆

« 東京コレクションについて考える | Main | 中国ビジネスは恋愛に良く似たり »

中国ビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 良い人だから、お礼は言わない:

« 東京コレクションについて考える | Main | 中国ビジネスは恋愛に良く似たり »