My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« キャリアウーマン新党の行方 | Main | 「新党・老人」構想 »

August 25, 2005

完成度が低く、使いづらいシステム製品

 コンピュータの特徴の一つは、単純作業を黙々と行うこと。単純な事務作業を機械がやってくれる。単純な事務作業を行うのは経営者ではない。コンピュータを使うのは、現場の人間であり、コンピュータの恩恵を受けるのも現場の人間である。
このレベルのシステムに対して経営者はほとんど興味を抱かない。経営者の頭にあるのは、システム費と人件費のバランスだけだ。
単純作業だけを行うシステムは、見ても面白くない。伝票が画面に並んでいるだけだ。
会社経営とは、意外に単純なシステムである。メーカーならば、原材料の仕入れがあり、加工賃があり、製品の売り上げがあり、在庫がある。売り上げから経費を差し引いた利益があり、税金がある。この単純な表が時系列に並んでいる。過去は実績であり、未来は予算である。本来、予算は常にシミュレーションがなされ、修正が加えられる。
この単純な表を作成するために部署ごとに複雑な業務があり、システムが存在する。経理システム、人事管理と給与計算システム、生産管理システム、販売管理システム、商品管理システム、企画管理システム・・・。それらが全てつながってこそ、経営者がコンピュータの画面を見る意味が生じる。より高度な経営判断を行う画面ほど数字の羅列ではなく、グラフィカルで美しい画面にならなくてはならない。

単純な作業は人件費に換算しやすい。システムを導入すれば人件費が削減できる。したがって、システムの代金も計算しやすい。高度なシステムほど、人件費の削減にはつながらない。しかし、会社の経営において最も大切なのは経営判断であり、その経営判断の材料を提供するのがシステムなのだ。この段階になって初めて、システムがインテリジェント化されたといえるのだろう。
現在のシステムの状況は、組織の壁で分断され、また、各社の事例に基づき、個別に開発されている。開発手法はオーダーメイドであり、それを無理やり既製服として販売している。大企業ならば、自社に合わせて独自のシステムを開発すればいいが、中小企業はそれができない。したがって使いづらいシステムしか存在しない。
これを解決するには、二つの方法しかない。安価なカスタマイズを実現するか、サイズ展開のある既製服を作るかである。サイズとは、企業の業務フローや役割分担により、いくつかのバリエーションをつくり、全体のカバー率を上げることである。(例えば、生産管理システムを5タイプ作っておくように)
現在のシステムはどちらもできていない。安価にあるいは簡易にカスタマイズすることもできず、業務全体を見てバリエーションを用意することもできていない。実に不完全で完成度の低い商品である。システム業界は自社の利益を追求するだけであり、高くて使いづらい商品をユーザーに押し付けている。
システム開発に分業システムが発達すれば、開発分野の重複もなくなり、もっと安価に開発ができるだろう。まずシステム開発そのものをシステム化しなければならない。システムをパーツ化、ユニット化し、問屋のように卸す仕組み。そして最終的に組み立てるようになれば著しく価格が下がり、カスタマイズが容易になるに違いない。

« キャリアウーマン新党の行方 | Main | 「新党・老人」構想 »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 完成度が低く、使いづらいシステム製品:

« キャリアウーマン新党の行方 | Main | 「新党・老人」構想 »