My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 4月16日上海反日デモ見聞記 | Main | 日本人は嫌われていることの自覚を »

April 20, 2005

反日の気持ち、日本の気持ち

 反日デモを見て、日本人は思う。「昨日まで友好的だった中国人が突然反日になってしまった。中国なんて怖くて行けないな。いつ、元に戻るんだろう」
 この中にいくつもの誤解がある。まず、昨日まで友好的だった中国人は、デモ翌日には友好的に戻っているはずだ。確かに、デモ当日は日本人でいることだけで攻撃されそうな気がするし、日本語を話すのも躊躇われる。でもそれは一日だけのことだ。
 中国人は、小さいときから反日教育を受けている。また、年間に数日の抗日運動に関する記念日があり、その時には大々的な反日キャンペーンを行ってきた。反日というテーマは中国人にとっては、慣れ親しんだものなのだ。ただ、これまではデモそのものが認められていなかったし、反日というインプットだけされて、アウトプットする場がなかったのである。だから、それが許されるならば、どんなに気持ち良いかしれない。ワールドカップアジア予選の北京においても、サポーターが反日を叫んでいたが、参加者は「とても楽しかった」と言っていた。でも、北京のスタジウムで暴れた彼らがその後日本人を襲撃したという話は聞かない。単に一時的なストレス解消であり、翌日には現実世界に戻っていたのである。

 もし、反日デモに参加した人が日本嫌いだとすれば、彼らは昔から日本嫌いだったのであり、周囲の日本人がそれに気がつかなかったにすぎない。むしろ、日本人の多くは周囲から嫌われていることにも気づかず、北京や上海のホテルのロビーや飲食店で声高に日本語をまき散らし、日本語の分かる中国人が聞いたら憤慨するような内容の話を平気で垂れ流してきたのだ。それでも、中国人は日本人を襲撃しなかったのだから、彼らの忍耐こそ賞嘆すべきだろう。
 中国共産党が一党独裁で、選挙も行わずに権力を握っている理由は、「悪しき日本軍を中国から追い払ったのは共産党である」ということによる。だから、彼らは自らの存在意義を守るためにも、反日キャンペーンは継続しなければならない。そうでなければ、普通選挙を望む声が吹き上がるに違いない。
 中国政府が最も警戒しているのは、農民暴動であり労働者デモである。中国国民と公安が対立してしまえば、第二の天安門事件に発展する可能性もあるのだ。それだけは何としてでも防ぎたいといのが本音だろう。それに比べれば、卵やトマトを投げたり、投石でガラスが割れることなど何でもない。日本では、公安はデモ隊に対して何もしないと批判している。彼らがもしデモ隊に暴力を振るえば「なぜ、日本の味方をするのか」という反発になるだろうし、富と権力を独占している階層への不満につながる可能性は大きい。従って、反日という平和なテーマのうちはいいが、もし、デモ隊の中で反政府、反体制を叫ぶ者がいれば即座に排除されたに違いない。また、日本人を襲撃したり、死傷者が出るような事態が生じれば、即座に日本人を保護することも指示されていただろう。彼らはそのためにそこにいるのであり、平和な反日デモを妨害するために配置されているのではないのだ。
 一方、日本人は「お互いさま」という観念を持っている。日本人がはっきりと意志表示しないのも、明確に相手の非を主張すれば、お互いさまということで、今度は自分の非を指摘されると考えているからである。日本人は他人に迷惑をかけないことを第一に教えられるが、それは相手に迷惑をかければ自分が迷惑をかけられても文句は言えないと考えているからである。日本人がもし公衆の面前で「反中国デモ」をするとしたら、余程耐えがたい状況に陥るか、もう関係修復など考えなくてもいいという切羽詰まった事態しか考えられない。勿論、そんなデモがあれば、その時だけでなく継続的に中国人を嫌うだろうし、嫌がらせを続けるだろう。日本人の発想でいえば反日デモなど許されるものではなく、「反日デモをしたからには日本で中国人が襲撃されても文句は言えないだろう」という極論さえ出てくるのである。
 一方、中国人ははっきり自分の意見を言わなければ相手には伝わらないと考える。主張が異なる相手と口論したとしても、相手の理が分かれば仲直りするのも早い。日本人の場合は、口論は理屈ではなく感情的な対立に直結してしまう。だからこそ、日本人は曖昧な表現を好むし、必要以上に対立を避けるのだ。
 その意味で日本人の面子と中国人の面子は異なる。中国の政府高官が決して反日デモの非を認めないのも面子を守るためだろう。しかし、中国側が非を認めないと,それを主張した日本側も面子をつぶされていることになる。しかも、連帯意識の強い日本人は、日本の大臣が侮辱されることは、日本人全体が侮辱されたと感情で感じるのだ。中国人の面子は「理」にあるが、日本人の面子は「情」にある。そして、情の方が根強く、ある意味で陰湿なのである。
 中国人にとって、「たかが一日だけの反日デモに対して、なぜ日本人は継続して文句を言うのか」と思うだろう。日本人にとっては、一日だけ反日デモなどというものは信じられないのであり、「一日の非を認められないような人とは一生付き合えない」と感じてしまうのである。
 日本人も中国人を理解しなければならず、中国人も日本人を理解しなければならない。中国は経済発展してから間もない国であり発展途上である。国際的なエチケットを理解していない面もある。同時に、日本人もドメスティックに生きてきたという事情もあり、外国とのつきあいや異文化コミュニケーションに慣れていない。日本、中国の双方が国際社会に慣れていないのだ。それがあまりにも急速に接近したために、様々な摩擦が生じているのは確かだろう。今回の反日デモも、そうした摩擦熱を少し冷ましたものだと理解した方か良い。これを機会に双方とも反発するのではなく、相互理解につなげていかなければならないだろう。日本と中国の関係はこれからが本番なのだ。◆

« 4月16日上海反日デモ見聞記 | Main | 日本人は嫌われていることの自覚を »

「中国ビジネス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30199/3780135

Listed below are links to weblogs that reference 反日の気持ち、日本の気持ち:

» 日本のアパレルメーカー様、是非アジア発のアパレルブランドの日... [両国さくらのファッション・イン・ファッション(FashioninFashion)]
いや〜、イ・ビョンホン氏のファンの皆さんのパワーは凄かった。カキモトアームズ川崎店の2階の窓から、スタイリストやネイリストの皆さん達と一緒に見てしまった。舞台挨拶と上映を終え、チネチッタの裏から退出しようとする同氏めがけて、ファンの皆さんがドドドドドォ...... [Read More]

« 4月16日上海反日デモ見聞記 | Main | 日本人は嫌われていることの自覚を »