My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 「新しい住み込み制度」「職住一体型工房」の提案 | Main | 中国の反日行動を考える »

March 14, 2005

中国に行って何ができるか?

 私は今、真剣に中国行き(出張ではなく中国で生活すること)を検討している。私の周囲の状況が自分を中国に招いているのを感じるのだ。仕事というのは面白いもので「流れ」がある。「こんな仕事がしてみたいなぁ」と思っていると、次から次へと誰かが演出しているように、それに関連したことが起きる。勿論、単なる偶然ではあるまい。自分の中に興味が湧くと、関連した情報を積極的に集めるし、自分の発言も興味のあることに集中していく。すると自然にそれに関連した人と会うチャンスが増えるのである。そして、またチャンスが生まれる。
 日本にいても、中国に関する話題が多い。中国生産、中国市場、中国ビジネス等々。日本人及び日本企業は中国に強い関心を持っている。しかし、あまりにも中国は曖昧模糊とした存在である。中国に詳しい人、例えば、中国人は多いが、日本の状況を把握している人は少ない。「中国に来たらこんなに大きなチャンスがありますよ」と言われても、それは自分にとってのチャンスなのか、相手にとってのチャンスなのか分からない。「中国ビジネスでは信頼できる中国人パートナーが必要です」と言われても、具体的に紹介してくれる人は少ないし、その人が信用できるかも不明だ。

 例えば、中国生産についても各商社は自社と取引のある工場は知っていても、その他のローカル工場は把握していない。商社傘下の企画会社は常に新規工場を開拓しているが、あくまで日本のアパレル企業に対応できる工場を探しているに過ぎないのだ。中国のアパレル企業の現状や日本以外の地域への輸出を専門に行っている工場の情報はほとんどないだろう。工場の技術レベルも常に変化しており、廃業も創業も多い。出張でカバーできるのは、常に変化している中で自分達の手が届くほんの一部分に過ぎないのである。
 素材調達の課題も多い。現地調達が有利と分かっていても、専門に生地を調達する担当者がいない。韓国調達、台湾調達、香港調達等にしても同様である。日本国内の産地ですら全容を理解している人は少ないのだから無理もない話ではあるが・・・。
 多くの商社マンは自社の利益になる活動しか行っておらず、産業レベルでの理解に乏しいのは当然である。日本の繊維産地の中小製造業の活性化のための中国メーカーとの技術ライセンス等の戦略は発想できないに違いない。
 中国の繊維産業も更に高度な生産管理ノウハウや人材育成が必要とされている。こうした産業政策についても、日本と中国はもっと協力しあえるのではないか、と思っている。
 中国市場進出については更に漠然としている。事業展開に必要なライセンス取得は非常に複雑かつ困難と聞いている。法律も毎月変わっており、とてもではないが日本にいたのでは臨機応変の対応はできない。業界全体として、常に最新の法律改正を理解するためにも、現地に拠点が必要ではないだろうか。
 中国市場進出は、まだ現地展示会への出展、単独展の開催の段階である。具体的な商取引は商社に依存するというケースがほとんどだ。しかし、商社の多くは取引が決定してから決済と輸出入業務を行うに過ぎない。日本のメーカーにしてみれば、中国市場のニーズを吸い上げ、それをメーカーに伝え、企画を出し、完成した商品をプレゼンテーションし、セールスするという中国市場レップが欲しいところだろう。どうすればそのようなシステムが構築できるのか。どんな投資と準備が必要であるかも調査する必要がある。その場合でも現地の拠点が必要になるだろう。
 ・・・などということを考えていると、「やはり自分が行かなければならないのか」と思えてくるのである。◆

« 「新しい住み込み制度」「職住一体型工房」の提案 | Main | 中国の反日行動を考える »

「中国ビジネス」カテゴリの記事

Comments

MKさん。書き込みありがとう。
ファッションビジネスがアジアスケールになり、ますますインターネットの活用は重要になると考えています。アジアスケールのインターネットコレクションを仕掛けてみたいですね。

初めまして。私は現在北京の縫製工場内で企画と生産管理をしております。元々は日本のアパレルメーカーに勤めていましたが、昨年9月から北京にある弊社との合弁工場で働いております。
約5年前、まだ専門学生の頃、インターネット上でインディーズブランドを作り、ネット上で発信していくことを目標にHPを作りネット上で企画して、学生レベルではありましたがファッションショーを行いました。
以前の坂口先生のコラムにインターネットコレクションについて記されたものがありましたが、現状先生はどうお考えですか?この時期になり再びネット上でのファッションについて真剣に考えていこうと思っております。是非今の先生のお考えをお聞かせ願えれば有難いです。もちろん今後の中国ビジネスについても先生のご意見は是非ご参考にさせていただきたいと思っております。
突然のコメント申し訳ありませんでした。
是非よろしくお願いいたします。

ピョンちゃん。書き込みありがとう。
中国には本当に行きます。もう、行くと決めました。でもまだ日程は未定。オフィスもこれからです。
韓国のファッションビジネスも中国抜きには考えられない時代になっています。ファッションビジネスは完全にアジアスケールになっていますね。
まだしばらく日本にいます。また、焼酎飲みに行こうね。

吉田はん。書き込みありがとう。
ほんまに上海、行きまっせ。まだ、正式な日程は決まってないけど。決まり次第連絡します。
仕事の内容は上海で会ったときに報告します。
それと話は違うけど、今度、6月にアジアファッション連合日本大会があり、そこで七匹狼の周社長と会うことになりそうです。日中韓のパネルディスカッションで、私は日本代表のパネリスト兼コーディネーター、中国代表が周さん。韓国からは洪さんという女性です。とりあえず情報です。

先生、お久ぶりです。凄い久しぶりに先生のコラムを読んだなと思って。すみません。本当に中国に行く予定ですか。
中国は韓国とは異なる条件、人口の多さ、土地の大きさ・・その他にも色々な魅力的用件が多い国でビジネスチャンスは多く広げて行くだろうと言う人も多いと思いますが、そういった中国の成長はいつまで続くと思いますでしょうか。あまり中国のビジネスなどを考えたことがなかったので、よく理解できない事も多いです。
それでは。。

ご無沙汰してます
 FAIRWHALEの吉田です、、、、、
ホンマに上海に来られるのですか????
楽しみですね、、、、何かお手伝いできることがあれば言って下さい。。。。

でわでわ、、、、上海見

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30199/3295626

Listed below are links to weblogs that reference 中国に行って何ができるか?:

« 「新しい住み込み制度」「職住一体型工房」の提案 | Main | 中国の反日行動を考える »