My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 自立事業を支援する小売事業を | Main | 既存勢力と競合しない起業プログラムを »

November 25, 2004

目白デザイン専門学校特別講義/2004年11月26日

CIMG0049ファッションビジネスにおける小売りビジネスのポジション
          
1.ファッションビジネスの変遷
   ・きもの、地場産業
   ・輸出(生糸、絹織物、毛織物、合繊織物、安価なアパレル製品等)
   ・オーダーメイド(テーラー、洋装店、オーダーサロン等)
   ・アパレル(日米繊維交渉決裂による内需促進、アメリカの既製服業界をモデル、大衆ファッションブーム)
   ・DCブランド(デザイナーの世代交代、既製服時代のデザイナー)
   ・インポートプレタ(イタリア、フランス等のブランド商品)
   ・セレクトショップ
   ・ユニクロ、2プライスショップ、100円ショップ、アウトレット等

2.上流階級から大衆に伝播したファッション
   ・ファッションは上流階級のもの(庶民は古着)
   ・貴族階級の崩壊により、お抱えデザイナーから商業デザイナーへ
   ・オートクチュールからプレタポルテへ、夜の服から昼の服へ
   ・グローバルカジュアルの時代
   ・世界中のトレンドセッターは日本をリサーチする

3.ファッションビジネスの主役はアパレルから小売店へ
   ・ビジネスの基本は需要と供給のアンバランス
   ・需要>供給の時代=モノ不足時代は、メーカーの時代
   ・需要<供給の時代=モノ余り時代は、小売店、消費者の時代
   ・小売店化が進むアパレル企業
   ・ヤング向きアパレルはブランドプロデュース業へ
   ・生産管理、企画は商社依存、生産地は中国

4.小売業のサービス提供と情報提供
   ・先進国の特徴は、きめ細かいサービス
   ・ショップとメディアと消費者による情報循環
   ・変わる店舗の役割(情報メディアとしての店舗)
   ・販売員は「人メディア」(カリスマ販売員)
          
新業態、新ショップの発想

1.現状足りない商品を見つける
   ・目に見えるものを判断するのではなく、足りないものを探す
   ・常に顧客の視点に立つ
   ・顧客はワガママ、自分本意、贅沢
   ・ライフスタイル、ファッションは常に変化している
   ・アパレルや店はすぐに変化することができない
   ・そのギャップに新業態の可能性がある

2.どんな商品を販売するのか?
   ・ターゲット顧客の設定
   ・商品構成は?(服、バッグ、靴、帽子、服飾雑貨、アクセサリー、ステーショナリー雑貨、インテリア雑貨、ダイニング雑貨、ベッド関連、スキンケア&メイクアップ等の比率)
   ・展開アイテムは?
   ・価格は?(価格ライン、価格ゾーン)
   ・どんなイメージの商品か?

3.どんな店舗を作るのか?
   ・究極の店舗は入場料の取れる店
   ・店舗はブランドの世界観を表現する場
   ・店舗の役割は?(陳列、決済、イメージ訴求、情報収集等)
   ・様式、素材、色、照明、BGM、販売スタッフのスタイル

4.どんなサービスを提供するのか?
   ・オーダーメイド
   ・コンサルティングサービス
   ・どんな情報サービスを提供するのか?

5.上記の各要素を共通のテーマでまとめる
   ・ショップコンセプトが重要(オンリーワンを目指す)
   ・競合店に勝てる店、顧客に満足を与える店を目指す

« 自立事業を支援する小売事業を | Main | 既存勢力と競合しない起業プログラムを »

ファッション人材育成」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 目白デザイン専門学校特別講義/2004年11月26日:

« 自立事業を支援する小売事業を | Main | 既存勢力と競合しない起業プログラムを »