My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 輸出、自立偏重は製造業空洞化を促進する | Main | 文化服装学院AD2年特別講義/2004年10月16日 »

September 07, 2004

プロ野球ストへの提案

プロ野球が初のスト決行か!

一般の人にアンケートを取るとかなりの人がスト賛成。まぁ、「たかが選手の言うことなど門前払いが相応しい」という石頭爺軍団の姿を見ていると、選手側に与するのが当然でしょう。プロ野球がつまらなくなっていることもあり、初のストがどうなるのか見てみたいという野次馬的根性も多分にあると思います。
選手側は「今、行動しないとファンに対しても申し訳ない」と言っているようですが、ファンはペナントや日本シリーズより面白そうと期待しているだけのような気もします。

「ストをやったら損害賠償を請求する」という爺様もいますが、「自分たちの経営責任はどうなんだ?」「リストラされた選手に何らかの保障はするのか?」「赤字を隠していたという意味で、情報公開の責任はないのか?」等々の疑問には答えず、相手に責任をなすり付けようとする態度には呆れてモノが言えません。それにしても、なぜ、日本人は話し合いができないのでしょう。立場が異なる者同士が話し合いで解決するということができません。談合するか、裏で密談するか、上位下達か、命令か。とにかく話し合いができない。自分より立場が下だと思っている相手から意見されただけで逆上してしまう。生意気な!というわけです。こうしたクソ親爺はプロ野球界ばかりではなく、あらゆるところに生息しています。

さて、選手団の皆さん。提案です。
ストをやってもやらなくても、プロ野球は、アメリカ大リーグのようにファンを野球場に呼び込む様々なサービスを展開することが必要と思います。あるいは、各チーム名やキャラクターを一括管理し、その利益を配分するような機構が必要でしょう。
ストの間は暇でしょうから、こうした将来を見据えた活動を行ってはいかがでしょうか。例えば、ファンへの感謝イベントを自主的に行う。野球場が借りられないのならば、公共のグランド、学校のグランドを借りて、野球教室やファンとの集いを企画する。サイン会でも握手会でもいいのです。そうした活動をすればマスコミも紹介するはずです。選手はこんなにファンのことを考えているのに、経営側は何しているのか!ということになるでしょう。ストで休みだからといって、ダラダラしてはいけません。是非、ファンと接する活動、ファンサービスの活動をして下さい。

こうしたファンに対する活動は、経営側はできません。あの爺様達を集めても、ファンは喜びません。せいぜい、爺様達を的にしてパイ投げや、石投げゲームをするくらいのことです。ファンに喜びを与えるのは選手です。それがプロ野球ビジネスの基本であるはずです。その基本を経営側は忘れているとしか思えません。

いずれにしても、ストは一回しか効果がないと思います。ファンも二回目からは飽きてしまうでしょう。せいぜい、有効なストを、未来につながるストを望んでやみません。

« 輸出、自立偏重は製造業空洞化を促進する | Main | 文化服装学院AD2年特別講義/2004年10月16日 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロ野球ストへの提案:

« 輸出、自立偏重は製造業空洞化を促進する | Main | 文化服装学院AD2年特別講義/2004年10月16日 »