My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« ブランドと階層社会 | Main | さくら水産にて、原稿料徴収飲み会 »

June 17, 2004

BFB「アパレルMD演習」第4回/2004.6.17

見本市とトレンド情報

1.欧米の見本市システムと日本の問屋システム
   ・年2回のサイクルで糸~アパレル製品のビジネスが進む
   ・広大な海外市場を対象とするには見本市が合理的
   ・大量生産システムを基本にした流通モデル
   *日本は年4~12回(梅春、春、初夏、盛夏/リゾート、晩夏/初秋、秋、冬、クリスマス/ホリデー)の細分化したサイクル
   *狭い国内市場を対象にするので、企業別展示会あるいは得意先への訪問が可能
   *多品種少量短サイクル生産を基本にした流通モデル

2.「集中と創造」の欧米、「分散と改善」の日本
   ・半年のビジネスが一度のファッションショーで決まる
   ・デザイナーは売上が上らなければ契約打ち切り
   ・毎シーズン、新鮮なテーマの打ち出しが不可欠
   *テストマーケティングを行いながら、実需に対応していく日本
   *デザイナーも組織の一員
   *商品そのものの新しさ(素材、色、シルエット等)で訴求

3.見本市でトレンド情報が発信される理由
   ・常に新しい商品を発表することがファッションの使命
   ・商品企画の方向性を知りたい(カラー、糸、テキスタイル、アパレル)
   ・各社がバラバラに方向性を打ち出すよりも、展示会としての方向性を示す方が影響力が大きい
   ・トレンドを打ち出すことは市場に対する情報戦略
   ・トレンドとは連続した潮流
   *トレンドとは売れ筋情報、新しいテーマ

4.色、素材、シルエットの関係
   ・彩度の高い色(ビビッド)      ・彩度の低い色(ナチュラル)
   ・光沢、高密度、ソリッド       ・陰影、粗野な、表面効果
   ・タイトシルエット           ・オフボディ、ビッグシルエット

5.見本市での商談のチェックポイント
   ・価格、納期、ミニマムオーダー、品質、着分オーダー、現物オーダー

« ブランドと階層社会 | Main | さくら水産にて、原稿料徴収飲み会 »

ファッション人材育成」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BFB「アパレルMD演習」第4回/2004.6.17:

« ブランドと階層社会 | Main | さくら水産にて、原稿料徴収飲み会 »