My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 福田の勝ち、菅の負け | Main | 織田学園ファッションビジネス科2年特別講義/2004年5月11日 »

May 10, 2004

織田学園ファッションビジネス科1年特別講義/2004年5月11日

これからのファッションビジネス
ジャパンオリジナルファッションの創造と発信
          
1.ファッション製品の生産は中国に移行
    ・先進国から周辺の新興工業国への生産基地移転
    ・成長する中国市場と中国富裕層の台頭
    ・高コストの先進国は何をすべきか?
    ・ヨーロッパはブランド、アメリカはマーケティングとファイナンス(財務、金融)

2.日本のビジネスシステムの特徴
    ・日本国内で完結していたドメスティック(家庭内、国内)ビジネス
    ・契約書のない信用重視の商売
    ・伝統的に、問屋が流通を支配していた
    ・季節の細分化に基づくファッション製品の商品企画

3.グローバル化とアイデンティティ
    ・年2回コレクションと見本市ビジネス
    ・「イタリアに学べ」から「イタリアとの差別化」へ
    ・最終的に欧米と勝負できる要素とは?
    ・アバンギャルド、和様文化、情報商品

4.ファッション企業が変わる
    ・プロフェッショナルしか必要ない時代
    ・終身雇用、年功序列、定期採用の崩壊
    ・デザイナーは契約、技術者は雇用、セールスは歩合へ
    ・SPA企業のアウトソーシング活用
    ・既存メーカーは半減する!

5.ファッションベンチャーのすすめ
    ・グールプ化、ネットワーク化
    ・インターネット、情報化対応
    ・縫製メーカー、ニッター、繊維産地との連携
    ・学生起業家支援構想
                                        

« 福田の勝ち、菅の負け | Main | 織田学園ファッションビジネス科2年特別講義/2004年5月11日 »

「ファッション人材育成」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30199/570538

Listed below are links to weblogs that reference 織田学園ファッションビジネス科1年特別講義/2004年5月11日 :

« 福田の勝ち、菅の負け | Main | 織田学園ファッションビジネス科2年特別講義/2004年5月11日 »