My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

« 敵を憎まずに殺せるか? | Main | 福田の勝ち、菅の負け »

May 07, 2004

ロザース会例会講演レジュメ /2004年5月14日

ミセス市場の環境変化とプレタポルテのあり方

1.中国の百貨店市場の現状とは?
    ・欧米の一流ブランドは高級ショッピングモールに出店
    ・百貨店はローカルブランド、香港、台湾、韓国が中心
    ・日本ブランドを望む声は高いが、現状では法的な壁等で未進出
    ・バブル景気による高額品消費と日本製品、日本ブランドへの期待

2.日本ブランドに期待するイメージとは?
    ・欧米とは異なるテーストの高級品
    ・「カワイイ好み」はアジア共通
    ・高品質、高性能、上質なテキスタイル
    ・テレビ等のメディアとの連動によるブランドイメージ
    ・中国の高所得層、30歳代女性に対応する商品

3.国内の小売り市場の変化
    ・ファッションビルの二極化(高級品志向と低価格志向)
    ・店舗環境のプロデュース力が重要視される
    ・SPA型アパレルのショップより編集型セレクトショップ
    ・潜在的なサイズに対する不満は大きい
    ・価格の通る「良いモノ」を探している
    ・今年は本格的な景気回復へ転換

4.高価格設定が成功のキーワード
    ・理由があって高い商品ならOK
    ・ストーリー性、限定品、こだわり、オーダーメイド=「きもの」に学べ
    ・シルエットの服とテキスタイルの服
    ・環境、サービス、情報発信等による差別化
    ・コンプライアンス(法令遵守)が問われる時代

5.国内生産と海外生産の棲み分け
    ・メーカーが主体となって海外生産と国内生産を使い分けることが必要
    ・生産地は素材調達がポイントになる
    ・複合加工、複合テクニック・・・プリント、刺繍、製品染め、洗い等
    ・セレクトショップがオリジナル商品を卸売(新しいタイプのSPA)

« 敵を憎まずに殺せるか? | Main | 福田の勝ち、菅の負け »

「ファッション人材育成」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30199/553187

Listed below are links to weblogs that reference ロザース会例会講演レジュメ /2004年5月14日:

« 敵を憎まずに殺せるか? | Main | 福田の勝ち、菅の負け »