My Photo

お知らせ

無料ブログはココログ

June 27, 2017

権利ビジネスのための展示会 j-fashion journal(245)

1.日本人と中国人のビジネス観の違い

 日本人は展示会で商品を訴求し、商品を販売する。中国で行われる展示会の多くは、商品の販売が目的ではない。販売権の取引を目的としている。
 メーカーは展示会でブランドを訴求する。来場者は有望なブランドを見つけ、その販売権を獲得しようとする。メーカーにとって、ビジネスの成功は良い代理商を獲得することである。来場者は良いブランドの独占販売権を取得することができれば、利益が約束される。
 中国の展示会に出展している日本企業は、日本国内と同様に商品を訴求し、商品を販売しようとする。そして、来場者から独占販売権を要求されると、怖くなって、断ってしまう。
 日本人にとって、権利ビジネスは分かりにくいが、一度理解すると、日本のビジネスよりも明解である。
 まず、日本企業と中国企業は業態が異なっている。日本のメーカーは、問屋を相手にビジネスをしている。中国でも問屋のようにまとめて発注してくれる相手を探すのだが、中国にはそうした問屋はいない。

» Continue reading

検索メディアの可能性 j-fashion journal(244)

1.検索で全てが分かる?

 私達は、分からないことがあると検索する。「ある単語が何回検索されたか」を調べれば、「分からないことの順位」が分かる。
 あるいは、何か行動を起こそうと思う時に検索する。「ラーメンを食べたいな」と思ったらラーメンを検索する。ラーメンと検索する人は、ラーメンを食べたい人か、ラーメンに興味を持った人だろう。数多く検索されるラーメン屋さんは、繁盛する可能性が高いということだ。
 あるいは、昼時に、「ラーメン」「パスタ」「蕎麦」「うどん」のうち、どのぐらいの比率で検索されているかを調べれば、人々が昼食で食べるめん類の比率や人気ランキングが分かる。
 このように、検索結果を集計し、分析することができれば、現実社会で何が起きているかを類推することができる。
 更に、ネット社会の中で何が起きているかを知るには、検索を分析するしかない。

» Continue reading

サステイナブル・コットン・プロジェクト j-fashion journal(243)

1.オーガニックコットンがなくなる?

 日本オーガニックコットン協会は、WEB内の「オーガニックコットンとは」で以下のように解説している。
 「オーガニック・コットンは、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。
 オーガニック・コットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となりますが、この全製造工程を通じて、オーガニック原料のトレーサビリティーと 含有率がしっかりと確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものを、オーガニック・コットン製品といいます。」
 また、「どうしてオーガニックコットン?」では、以下のように解説している。
 「綿の畑は世界の耕作地のわずか2.5%しかないのに、世界の殺虫剤の16%が使われています。アメリカ環境保護局は、アメリカの綿花栽培に使われている農薬の中で、る10種類の農薬については、発ガン性の。疑いがあると認めています。゛

» Continue reading

May 25, 2017

アパレルは、どう曲がる? j-fashion journal(242)

1.百貨店アパレルは衰退

 百貨店アパレルの将来を考えるには、百貨店の将来も考えなければならない。既に、百貨店という業態は、小売業ともいえず、賃貸業とも言えない複雑で非効率な業態になってしまった。立地の良い都心の百貨店は、存続可能だろう。インバウンドと富裕層を対象にして、ファッション、飲食、雑貨等を展開していけば採算に乗るはずだ。
 地方百貨店は厳しい。イオンやIY、SCモール、ユニクロやしまむら、青山やアオキとも競合する。多くの地方百貨店は淘汰されるに違いない。
 百貨店に依存しているアパレル企業は、百貨店への売上が低下し、経営全般を見直すことになるだろう。
 既に、大手百貨店アパレル企業は店舗縮小、ブランドの整理を進めている。このまま、縮小均衡を求めるならば、最終的にブランドの売却、合併等を検討することになる。
 百貨店アパレルは、百貨店に遠慮してネット販売等を積極的に進めてこなかった。百貨店も百貨店アパレルも、ネット上の存在感が極めて希薄だ。経済全体がインターネットにより変革していく中で、ネット対応の遅れは致命的である。

» Continue reading

アパレルのIR戦略を見直そう j-fashion journal(241)

1.ファッションビジネスはコンテンツビジネスだ

 欧州のデザイナーは、ビッグメゾンからのオファーを勝ち取るために、自分の小さなコレクションを発表する。オリジナルブランドの小さなコレクションを発表しても、それが大きなビジネスに成長する可能性は低い。より高いステージに挑戦することで、資本力のあるブランド契約し、より大きな資本や工場を使ってビジネスも大きくなるのだ。
 現代のファッションビジネスには、資本とクリエーションの双方が必要不可欠であり、どちらが欠けてもファッションビジネスは成功しない。
 ファストファッションもラグジュアリーブランドのビッグメゾンも資本と大きく関わっている。資本にとらわれないファッションの古き良き時代は終了しているのかもしれない。
 デザイナーの成功とは、ビッグメゾンのクリエイティブディレクターとして招かれ、コレクションを成功させ、アパレル製品の販売と巨大なライセンスビジネスの双方を成功させ続けることである。その見返りとして、巨額の報酬と名誉が与えられる。

» Continue reading

全てのビジネスは個人から始まる j-fashion journal(240)

1.システム導入とタブレット導入

 私のクライアントの一社が変貌を遂げている。新商品を開発し、新規取引先を開拓しながら、課題を分析し、対策を考えられるようになった。
 3年前は、全く違っていた。旧来の商品にこだわり、旧来の取引先に振り回され、安物商品ばかりを生産し、利益を確保できなかった。
 会社が変わったきっかけは、売上在庫管理システムの導入である。品番ごとの売上と在庫が明らかになった。取引先別の利益も明らかになった。
 しかし、システム導入も簡単ではなかった。当初、業者に相談すると既存のパッケージで数百万の見積もりが出された。最終的には知人で小回りの利く小規模な業者と知り合うことができて、安価でオリジナルのシステムを構築できた。それでも、本格的導入までには2年が掛かった。
 私は最初から「システムの重要性と導入の苦労」について説明したのだが、最初はもっと簡単に考えていたようだ。

» Continue reading

ネットショップ企画のアナログ的発想 j-fashion journal(239)

1.ペルソナとWEB企画

 最近、ネットショップのセミナーに積極的に参加している。その中で「ペルソナを設定しましょう」というのがある。
 私は長年ファッションマーケティングに携わっているが、この手法は昔からあるものだ。本来ならば、市場調査やグループインタビューなど、客観的な調査をベースにするのだが、それほど厳密でもないらしい。
 リアルな顧客より少しだけカッコイイ顧客としてのペルソナを設定し、そのペルソナに向けたカッコイイWEBデザインをすると売れる、とのこと。ファッションマーケティング的に考えると、かなり単純な考え方で、「結局、カッコイイWEBサイトにした方がいいよね」というだけのようにも思える。
 ファッションマーケティングでは、最初にビジネス環境の分析を行い、そこからコンセプトを導き出す。最近では、グローバルトレンドと呼ばれる長期的なトレンドテーマを基準とすることも多い。
 いずれも、客観的なデータからコンセプトを導くというロジックである。しかし、実際にはクリエイター、デザイナーやクリエイティブディレクターが、時代をどのように認識し、その中で、独自のコンセプトを発想するかが起点となる。その客観的なプレゼンとして、時代背景や様々な統計を持ち出すに過ぎない。

» Continue reading

中国アパレルが直面する課題 j-fashion journal(238)

1.「モノ不足時代」から「モノ余り時代」へ

 アパレル製品は多岐に渡っている。ジャケット&コート、シャツ、パンツ、ブラウス&スカート&ワンピース、カットソー等々。それぞれのアイテムは生産設備が異なる。工場にとっては、同じアイテムの製品を大量生産する方が効率が良い。
 「モノ不足の時代(需要>供給)」は、作れば売れるし、作れば儲かる。最大限の生産効率を追求するには、アイテムを絞る方が有利だ。
 日本では、1960年代から70年代まで、単品アパレル全盛の時代だった。百貨店の婦人服売場は、ブラウス売場、セーター売場、ボトム売場、ドレス&コート売場、ランジェリー&ファンデーション売場のように、アイテム別売場が半分以上を占めていた。
 中国も同様である。改革開放以前から、アパレルメーカーはアイテム別の単品メーカーが基本だったし、百貨店の売場もアイテム別に編集されていた。

» Continue reading

March 26, 2017

BABYMETALというコンセプト j-fashion journal(237)

1.世界で活躍するBABYMETAL

 日本人のアイドルグループが日本で人気を集めるのは珍しくないが、海外で人気を勝ち取ることは非常に困難だ。しかし、それをなし遂げたアイドルグループがいる。BABYMETALである。
 主な実績を紹介しよう。
 2014年2月に発売された1stアルバム『BABYMETAL』は、iTunes Storeにて7ヵ国のロックアルバムチャートでベスト10に入り、米ビルボードの総合アルバムチャートに日本人最年少でランクインした。3月には、日本武道館で単独公演を行う。これが平均年齢14.7歳での開催ということで、女性最年少記録となった。
 2014年7月より、フランス、ドイツ、イギリス、アメリカ、カナダ、日本を巡る初のワールドツアーを開始。同月、「Sonisphere Festival UK」ではメインステージに出演。7月中旬には、英METAL HAMMERが主催したトーナメント方式のネット投票企画「HEAVY METAL WORLD CUP」に日本代表として選出され優勝。7月下旬から8月上旬にかけて、レディー・ガガの北米ツアーにオープニングアクトとして同行した。

» Continue reading

ICTを活用した職業教育 j-fashion journal(236)

1.現実と乖離する教育機関

 現在、あらゆる分野でインターネット、デジタル技術による変革が始まっている。勿論、教育分野も同様だ。
 最近、既存の教育機関があまりにも現実と乖離していると感じる。そもそも教育機関の存在意義は、卒業後、学生が社会人としてより良い生活ができることにある。
 より良い生活と言っても、経済的により良いだけではない。精神的な満足も含まれているのは確かだ。しかし、職業教育をうたうのであれば、経済的要素は欠かせない。
 精神的な満足をうたう場合でも、検証が必要だ。時代によって精神的満足も変わっていく。
 教育機関は商品をつくったり、販売するのではない。その分、時代の変化に対応するべきだと思う。
 費用対効果の問題も重要だ。果たして、現在の教育機関は授業料に見合う価値を学生に提供しているのか。既に時代遅れとなった理論や事例を学生に紹介することは、存在価値がないどころか、マイナスに作用しているかもしれない。

» Continue reading

«消えた繁忙期~店舗からネットへ~ j-fashion journal(235)